月別アーカイブ: 2019年4月

著作権侵害による損害賠償、備えは十分?(3)_1156




法律ノート 第1156回 弁護士 鈴木淳司
April 16, 2019

ゴルフのマスターズ大会で、タイガー・ウッズ選手が電撃的なカムバック優勝をしました。10年ほどのブランクを乗り越えての優勝でした。プライベートについても、マスコミに散々叩かれました。手術を含め、体調もよくない状態で逮捕されたりしながら、ついに再度の優勝をもぎ取りました。彼の忍耐を含む精神力にはとても感動しました。ところで、ゴルフを少しはご存知の方はマスターズの優勝者は、大会直後に緑のブレザーを着て、トロフィーを持ちます。選手の体型はマチマチなわけで、誰が優勝するのかは、大会が終わる直前までわからないわけです。ところが、タイガー・ウッズ選手が着ていたブレザーは彼にピッタリしていました。優勝が決まった瞬間に誰かが裏で仕立てるのでしょうか。

 

著作権侵害による損害賠償、備えは十分?(3)_1156

さて、前二回考えてきた、「ベイエリアでスタートアップ企業に参加している者です。最近、当社のウェブサイトについて、第三者から当社が使用している写真や画像が不正使用なので、使用を差止めるように警告文が来ました。ウェブサイトの作成段階で、意図せず使用していたような形なのですが、すぐに使用はやめました。今後、損害賠償などがくる可能性はあるのでしょうか。また、このような問題を避けるため、どのような対応をしていくのか教えてください。当社は、まだ規模が小さく弁護士に頻繁に相談することがファイナンス的に難しいのです。」という、質問を続けて考えていきましょう。

 

損害賠償がなされた場合

今回は警告文が届いていた場合、かりに損害賠償請求をされたとき、どのようなシナリオが考えられるのでしょうか。

まず、かなり有名な作品の侵害があった場合には、侵害によって得られた利益などを基礎に損害額を考えますが、アメリカの法律では、法律で定められた(法定といいます)損害が定められています。連邦の法律では、基本的に、一作品毎の損害として区切っています。色々な事情はありますが、法律で、竹を割ったように考えるためには、「一作品」として考えるようにしているのです。

連邦の著作権に関する法によると基本的な損害は、750ドルから3万ドルとされています(17 U.S.C. § 504)。この幅は、裁判所の裁量によって決まります。

なので、警告文をもらったとしたならば、一応、可能性としてこのような幅の損害額が考えられます。

ただ、訴訟にも費用もかかるわけで、かなり大規模な侵害行為がなければ、訴訟をしてもコスト倒れになる可能性はあり、テークダウンがあれば、そのまま事件にはならないケースが大部分だと思います。

 

警告文後も侵害継続と認定されたら

とは言え、警告文が来た場合、その通知に書かれている侵害行為を「知っている」と思われてしまう可能性があります。

侵害があると知っていて、ことさらに侵害を続けていると、連邦の法律では、最高で一作品15万ドルの損害が認められています。法律では、「知らなかった」ということが防御方法になりますが、警告文を受け取っていると、このような防御がかなり難しくなってきます。

かりに、警告文を受け取っていなかった、侵害を知らなかった、と主張できれば、損害額を減額できるのですが、裁判で認められるかはかなり難しくなるわけです。

 

著作権の登録が前提

ここまで考えてきた連邦の法律に基づく損害金を求める場合には、少なくとも侵害されたと主張する人が、連邦著作権局に著作権を登録していること(17 U.S.C. § 412)が必要ですし、その登録から3ヶ月が経過していなければなりません。

著作権は、なにか創造した場合には生まれるのですが、損害金を求める場合には、著作権を登録して公にしておかなければならなりません。
裏から言えば、著作権の侵害を言われた場合には、その著作権が本当に存在するのか、著作権局のウェブサイトから確認することも可能です。

したがって、弁護士に相談する前に、一度、本当に侵害があったかは、各自で確認することが重要だと思います。

 

利用する写真・ロゴ・文章を著作権局に登録

上記が、今回の質問にある損害に関するまとめです。

このようなトラブルを防ぐためには、今回の相談者のように、ウェブサイトなどで利用する写真、ロゴ、文章などは、出来る範囲で、著作権局に登録をして、自己が正当な著作権者であることを公にしておくことも一つ考えられる手段だと思います。

 

これでひとまず、今回の質問へのお答えは締めくくって次回新しい質問を考えていきましょう。

サンフランシスコではやっと春だ、と思ったら、雨が降って、花が散ってしまわないか心配です。忙しい毎日なのですが、綺麗な自然を楽しみながらまた一週間がんばっていきましょうね。


▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい!
Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。





 

DV2019【2019年6月の面接予定】グリーンカード抽選

【DV-2019面接の状況】

DV2019 interview_June

*このケースナンバーは、2018年5月に当選発表があったDV2019に関するものです。 DV2020は、2018年10月3日〜11月8日までが応募期間となっていたプログラムです。当選発表は、2019年5月です。

DV2019アメリカ抽選永住権(グリーンカード抽選) の面接は、上の表のように、米国務省から毎月発表されるケースナンバーにもとづいて進められていきます。 ( Visa Bulletin で検索してください。URLは変更になることがありますが、US Department of Stateから毎月発表になりますので、かならず公式サイトからもご確認ください。) ■ケースナンバーの見方は、こちらからどうぞ

 

グリーンカードDV2019面接 Currentまであと一歩か

ケースナンバーも順調に進んでいて、面接もいよいよ本格的になってきた印象です。

移民法も手続き面も常にリスクはありますので、できれば9月面接での駆け込みは避けたいところです。4月面接からは、Case Numberの例外はネパールのみとなり、アジア地域のペースはCurrentに向けて加速することが期待されます。 手続きは、順を追って速やかに進めることをお勧めいたします。KCCへのデータ送信もスムーズに行えるように、準備を進めておきましょう。

また、面接に臨む米大使館ごとに、独自の必要書類や提出方法があります。各国の米大使館インストラクションをよく確認しましょう。インストラクションは、手続きの最中に変更になることもあります。

面接日の変更は、やむを得ない場合のみとして、できれば指定の日に出向くようにスケジュールを調整しましょう。

MomsUSA/JINKEN.COMでは、当選後サポート/当選後面接サポートを提供させていただいておりますが、外部機関に依頼するのも確実な手段の一つと考えても良いと思います。 長丁場の手続きですので、費用面のみならず、全体的なコストを考慮に入れて対策を取られてください。

  今回は、2018年10月から面接が開始されたDV2019のケースナンバーの第9回目の発表になります。 DV2019当選にもとづく面接は、2019年9月30日をもってすべて打ち切られます。


さて、DV-2019の2019年6月面接予定が発表になりました。 日本を含むアジア地域は、以下の通りのケースナンバーまでが面接となります。

2019年  5月:6,400(ネパール 4,9252019年  6月:10.000(ネパール 5,775

*3月面接までは、当選者数が多いことから、ネパールとイラン2カ国のみ独自にCut-offナンバーが設定されています。 4月から、イランはアジア全体に組み込まれてケースナンバーが管理されています。 *次回ケースナンバーは、2019年5月10日前後に発表になります。 *トランプ大統領の発した渡航禁止令が、連邦裁判所で支持されました。しばらくの間、アジア地域の一定の国々の渡航禁止は続きそうです。


ケースナンバーが該当しても、面接通知がアップデートさて、面接日時が設定されるかは、個々の事情により異なります。 ケースナンバーの見方や「Current」の意味合いの解説はこちらから

この時点で金銭が要求されることはありません。詐欺メールには、十分にご注意ください。 詳細は事務局までお尋ねください。i@jinken.comまで。

当選後の手続きを進められている方々は、無事に面接に進まれ、移民ビザ発給を受けられますように!

 

DV2019当選後サポートを承ります

JINKEN.COMでは、DV2019においても、ご利用の皆様すべてに移民ビザ、グリーンカードを手にしていただけるように、事務局スタッフ一同細やかなサポートを心がけております。

ご当選者の皆様は立場が様々です。DV2018当選後サポートでは、DV2017までと同様、弊社のお客様は移民ビザ取得率が100%を継続することができました。 DV2019でも気を引き締め、当選後サポートご利用の皆さまがグリーンカードを手にすることができるように努めて参ります。

弊社の面接サポート等もご利用いただくと、思い悩む時間も節約でき、また次のステップが見えやすくなります。そのため、お仕事と併行しながら手続きを進められる方々にも、大変ご好評をいただいております。

ギリギリのお申し出ではご希望に添えない場合もあります。サポートご希望の方は、ぜひ一度お問い合わせください。(i@jinken.com まで) 完全な定額料金で、ご相談に応じた料金加算はございません。


▼DV-2019の当選後サポート、受付中!

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。 https://jinken.com/win/

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。


著作権侵害による損害賠償、備えは十分?(2)_1155




法律ノート 第1155回 弁護士 鈴木淳司
April 9, 2019

この冬、雨が非常に多かったので、ゴルフ場に行くとフェアウェイがぐちゃぐちゃな場所が多く、せっかく天気がよくなってきたのに泥んこ遊びのようになってしまいます。もともと、大量の雨を想定していないゴルフ場が多いのかもしれませんが、コンディションが落ち着くまでかなり時間がかかりそうです。水不足は困りますが、降ったら降ったで土砂崩れや道路のひび割れなど問題が起こるものです。人間もそうですが、天気もバランスが取れているのが望ましいですね。皆さんは、春の外出を楽しまれていますか。

著作権侵害による損害賠償、備えは十分?(2)_1155

さて、前回から考えてきた、「ベイエリアでスタートアップ企業に参加している者です。最近、当社のウェブサイトについて、第三者から当社が使用している写真や画像が不正使用なので、使用を差止めるように警告文が来ました。ウェブサイトの作成段階で、意図せず使用していたような形なのですが、すぐに使用はやめました。今後、損害賠償などがくる可能性はあるのでしょうか。また、このような問題を避けるため、どのような対応をしていくのか教えてください。当社は、まだ規模が小さく弁護士に頻繁に相談することがファイナンス的に難しいのです。」という質問を続けて考えていきましょう。

出どころを明確に。著作物への配慮

まず、簡単に前回のおさらいですが、そもそもウェブサイトを作成する際に、著作権や商標の使用には気をつけなければなりません。

出処のわからない、写真、描画、ロゴなどをむやみに使わないよう、社内でも気をつけなければなりませんが、外注をするときにも契約書において、著作権の不正使用について、免責条項など責任の所在を確認しておく必要があります。

不正使用の警告文-Cease and Desist Letter

このように気をつけていても、不正使用の問題は発生します。また、なかなか著作権についても権利関係が複雑な場合があり、紛争が避けられない場面も出てきます。

通常、著作権者が、侵害者に対して、不正使用差止・停止を書面により警告してきます。

この書面を俗称で、テークダウン通知(Take down notice)といいますが、法律業界では、Cease and Desist Letterと呼びます。
警告文に「Cease and Desist」という言い回しが入っていれば、法律的には、まず間違いなく「何かをやめるように」要求している内容だといえます。

この警告文は、侵害者が今回の質問にもあるように「知らないうちに他人の著作権を使ってしまった」という場合もあるので、侵害であるという事実をはっきり伝える役目を負います。
いったん伝えれば、その後は、知りながら(法律用語では「悪意」といいます。)不正使用を継続しているということになるからです。

 

警告文への対応は必須

次回考えますが、悪意で著作権を不正使用していると、損害賠償の程度が変わってきますので、警告文が来た時点で、必ず対応をする必要があります。
ちなみに、一般的な意味と違うのが、悪意と善意という法律用語です。法律用語で悪意というのは、ある事実を知っていること、善意は知らないことを意味します。アメリカでも、善意はGood Faith、悪意はBad Faithと言います。

それから、警告文ですが、単に不正使用がある、と言ったぼんやりした内容では法律的には不十分である可能性が高いです。不正使用を警告するということは、警告しても侵害者が自発的に使用をやめない場合、訴訟で争うことになります。

この訴訟をするには、必要最低限な武器が必要になりますが、警告文もその一つです。
そして、公の場にさらされて、争われることになっても耐えうる内容でなければならないのです。決まった形はありませんが、少なくとも、
(1)著作権の詳細
(2)著作権者から侵害者に対して(1)に関する不正使用の事実を告げること
(3)どの法律で著作権が守られているのか(連邦の法律か州の法律か)
(4)不正使用をやめること
などが入っていなければなりません。

インターネットで雛形などがいくつも用意されているので、それを参照にするのも悪くはないかもしれませんが、少なくとも訴訟を前提に行っている警告文であることを理解しておく必要があります。

警告文が届いた場合、著作権の侵害があると判断した場合、すぐにその著作権の使用をやめることが、損害賠償の可能性を限定する最善策になります。

次回著作権侵害の損害賠償についてざっと全体像を考えていきます。

花粉もすごいですが、天気を楽しみながらまた一週間がんばっていきましょうね。


▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい!
Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

 





 

著作権侵害による損害賠償、備えは十分?(1)_1154




法律ノート 第1154回 弁護士 鈴木淳司
April4, 2019

「令和」という日本の元号が決まりましたね。美しい名前だと思います。「和」というのは日本の文化の根底にある考え方ですね。名前負けしないような時代を日本人としてつくっていきたいものです。ただ、元号に意見する有識者会議をみると、私の旧知の方もいらっしゃいましたが、今後世代を担っていくもっと若いひとも参加できたら良かったのに、とも思いました。まあ、素敵な元号になったのですから、まずはお祝いでしょうか。

しかし、今後西暦の算出の仕方が、昭和、平成、令和をまたいで、複雑になりそうな感じですね。皆さんは新元号に馴染めていますか。

著作権侵害による損害賠償、備えは十分?(1)_1154

さて、今回から皆さんから新しくいただいている質問を考えていきたいと思います。
頂いている質問をまとめると「ベイエリアでスタートアップ企業に参加している者です。最近、当社のウェブサイトについて、第三者から当社が使用している写真や画像が不正使用なので、使用を差止めるように警告文が来ました。ウェブサイトの作成段階で、意図せず使用していたような形なのですが、すぐに使用はやめました。今後、損害賠償などがくる可能性はあるのでしょうか。また、このような問題を避けるため、どのような対応をしていくのか教えてください。当社は、まだ規模が小さく弁護士に頻繁に相談することがファイナンス的に難しいのです。」というものです。

最近でも、ベイエリアではたくさんのスタートアップ企業ががんばっているようで、若い人たちのエネルギーもすごいものです。お金がお金を呼び、家賃等の高騰には閉口しますが、それでも夢を持ってがんばる人たちがたくさんいるのですね。

さて、今回の質問ですが、2つ大きな部分があります。一つは、著作物の不正使用について損害賠償が生じるのか、という点と、そのような法的なトラブルに巻き込まれないためには、何をしておくべきなのか、という点があります。

まずは、今回、今回のようなトラブルに巻き込まれないようにするにはどうしたら良いのかざっと考えていき、その後、損害賠償を請求される可能性も考えていきたいと思います。

 

ウェブサイトのコンテンツには細心の注意を

さて、ウェブサイトなどを人に任せてつくってもらうようなときもあるでしょうし、今どきは社員がつくる場合などあるでしょう。

どのような場合でも、他人の著作物にはかなり気をつけなければなりません。ウェブサイトなどは、公に情報を発信する場ですから、不特定の第三者がウェブサイトの内容を確認することが可能です。また、埋め込まれたデータなどから、どこから著作物が出ているのかなども簡単にわかりますね。

最初にウェブサイト等に、具材を使用する場合、その具材の出所は確実に押さえておかなければなりません。

基本的に自分で作成していない画像等は、他人の著作権が発生していると考えたほうが良いと思います。たとえ、コピーライトの表示(たとえば、All rights reservedなど)がついていないとしても、著作権は誰かに存在する可能性が高いです。ですから、画像、イラストなど他人のサイトなどから簡単に拝借するのはよくありません。

自社でデザインして生み出すとか、著作権の使用許諾を得てから使用するという形にするべきです。著作権以外にも、トレードマーク(商標)についても、他社の商標を拝借して、改造するなどということも商標権の侵害と考えられる場合も多くあります。

とくに、企業の業績が良くなってくると、競争している他社が、商標などを使って攻撃をしてくるケースも戦略としてありえます。かりに、ウェブサイトのデザインなどを外注する場合には、必ず著作権等の知的財産権の侵害があった場合には、受注側の責任になるように契約の条項をいれておきたいものです。

著作権フリー素材にも注意

次に、ウェブ上には、多くの著作権フリーの具材が置かれていますし、一定の手続きをとれば使用が可能になるものもあります。

このような許可があればつかえる具材については、必ず事前に指定された手続きを経て、そのやりとりについては、電子的な形でも良いので保管しておけば良いと思います。

,,,,単に、著作権フリーです、と書かれていても、正当な手続きを経ていない使用については、著作権の侵害になりかねませんので注意が必要です。また、著作権をフリーに使っても良い、といっても商用の使用については原則許さないという場合もあります。
その場合には、商用かどうかあとで争うのではなく、最初から使用について著作権者に許可をもらうようにしたいところです。

長くなってきたので次回ここから続けていきましょう。季節替わりで体調を崩される方も少なくありません、春を楽しみながらまた一週間がんばっていきましょうね。


▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい!
Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

 





 

グリーンカード抽選 DV2020当選発表は5月7日(東部夏時間)




DV2020グリーンカード抽選の結果発表は、2019年5月7日(東部夏時間)からEntrant Status Checkで。

DV(Diversity Visa Program)アメリカ抽選永住権 当選確認の方法

当選確認画面は、ご自身でも確認いただけます。
まずは DV Entrant Status Check のサイトにジャンプ。
https://www.dvlottery.state.gov/esc/

DV当選確認

次に、[continue]をクリックします。

続いて、コンファメーションナンバー等を入力の上、[4. Authentication]で図に表れた読みにくい文字を入力します。
その後に[Submit]をクリックすると結果の画面が表れます。DV当選確認

入力するときは、英数半角の文字入力になっているかを確認してください!
全角では、別の文字として認識されてしまいます。

またLast Nameは、大文字でも小文字でも構いません。ですが、上記同様に、全角で入力してしまうと、別の文字列と判定されてしまいますのでご注意ください。

より詳しくは、こちらからどうぞ。




******************************
MomsUSAご利用者様には、個別に当選結果をメールにてご案内いたします。
ご不明な点は、MomsUSA事務局までお気軽に!
 < i@jinken.com  >まで。

当選が分かったら、今すぐ https://jinken.com/win/ へアクセス!