お送りいただく写真の例





 

DV応募でのお写真は、とても大切です。失格になる原因が最も多いかもしれません。
毎年、何割かの申請が、お写真によって失格になっていることでしょう。

写真の要件も、スマホで自由に加工ができるようになってきた現状に合わせて、より厳しいものに制限されてきています。
Momsにお申込みの皆様は、下記のお写真のようなサイズ無調整のものを直接事務局にお送りいただければ結構です。 事務局で調整を行い、申請に適したものに加工をします。

また、不備があれば、何度でもご連絡を差し上げて修正点をお知らせしています。

【事務局にお送りいただくお写真の例】 dvphoto-moms2

「よく分からない!」という方は、まず1枚を撮影していただき、事務局までお送りください。 担当スタッフより、折り返しのご連絡を差し上げます。

DV申請写真についてのガイド

期限

日本時間: 11月5日23時59到着分まで。

上記期限を過ぎた場合は、申請できないとしてもJINKEN.COMは免責させていただきます。

【お願い】

送っていただいた写真が条件に合わない場合など、お写真の撮り直しなどが必要な場合も出てきますので、そのようなことも考慮に入れて、今すぐ写真の準備をし、早急にお送り下さいますようお願いいたします。

期限間際ですと、かなりの集中及び混乱が予想されますので、ご協力をお願いいたします。

事務局で写真を受領しますと、ご登録のメールアドレス(写真送信時に使用されたアドレスではありません)に受領確認メールが送られます。しかし自動メールではありませんので、受領確認メールが届くまで少々お時間がかかる場合もあります。2日経ってもメールが来ない場合のみお問い合わせくださいますようお願いいたします。

撮影時の要件

※写真は配偶者と21歳未満の未婚の子供(ただし米国国籍あるいは永住権を持っている子供は除く)の全員分必要です。

※配偶者の場合は、米国籍や永住権保持者であっても写真が必要です。離婚係争中などのご事情がある場合でも必要になります。

上半身(おへそから上。肩もすべて写るように。)を写して下さい(顔の表情は歯を見せない笑顔がベストです)
家族一人一人を別々に撮影してください(家族写真やグループ写真は不可)
真正面を向いて撮影してください(小さいお子様の場合は白いシーツの上に寝かせて撮影すると上手に撮影できます)
背景は無地の明るい色であること(白がベスト。薄いグレーやクリーム色程度であれば可ですが、濃い茶色、濃いグレーなど、とにかく濃い色の背景は無地であっても不可です。日本の証明写真にありがちな青も不可。とくに最近写真の色については厳しいので白にするようにしてください)
ぼやけている写真は不可
メガネ、サングラス、アクセサリーをつけていないこと(普段メガネをかけている方もはずして撮影してください)
宗教上の理由がある場合のみ、帽子や頭を覆うものを身に付けることが認められるが、その場合でも顔を隠してはならない
宗教とは関係のない部族などの被り物は不可
軍やパイロット等の制帽も不可
6ヶ月以内に撮影したもの

以下の要件のデジタル写真をJINKEN.COM事務局(i@jinken.com)へメールしてください。

メールについて

件名

「DV申請写真」としてください
写真のファイル名 写真対象者のオーダー番号及びお名前をお書きください。 写真ファイル名:[オーダー番号]-[名]-[姓].jpg(例:山田太郎 オーダー番号07761の場合 07761-Taro-Yamada.jpg ) ※ファイル名を変更できない場合は、メールの本文にオーダー番号と氏名をご記入ください。

デジタル写真の要件

撮影機材 デジタルカメラ、もしくはカメラ付き携帯電話(600×600ピクセル以上に対応しているもののみ可)
フォーマット種別 JPG形式のみ
写真カラー

カラー写真のみ可。白黒不可

写真の大きさ

横600ピクセル x 縦600ピクセル以上 (事務局で調整しますので、左記サイズより大きい画素数のものをお送りください)

※事務局で国務省の規定条件に加工しますので、撮った写真をそのまま事務局へメールしてください。 ただし小さいものを大きくは加工できないため(ぼやけてしまうため)、規定のサイズより大き目のものをお送りください。

※ウイルス混入等セキュリティ上の理由により、ZIP、LZH等のファイル圧縮をせずJPGファイルのままお送り下さい。