tort」タグアーカイブ

車の急接近に驚いて転倒。運転手の責任は?[2]_1011

法律ノート 第1011回 弁護士 鈴木淳司
June 16, 2016




 

先週サンフランシスコで、救急車が緊急時にかけつけた場所で盗まれて、ベイブリッジの欄干に激突炎上して大渋滞を引き起こしました。盗難事態も、ひどい話ですが、ここまで多くの人に迷惑をかけるのは非常識極まりないなぁ、と思いました。人命にかかわる仕事に水を差すことは本当にやめてもらいたいと思います。
みなさんはバスケットボールのファイナルシリーズを観戦されていらっしゃいますか。

 

車の急接近に驚いて転倒。運転手の責任は?[2]_1011

 

さて、「高齢の母と私が歩いているところ、急に車が来ました。それをよけたところ、逃げ切れず、母は転んで頭などを打ちました。目撃者がいたとしても、その車が、あくまでも直接母にぶつかっていない場合には、運転手には何の責任もないのでしょうか。」という質問を続けて考えていきましょう。

 

不法行為による責任追及

前回はごく基本的な法律の概念ですが、「不法行為(Tort)」というものについて考えてみました。

難しかったでしょうか。理解が難しかったら、また法律ノートまで「もっと説明しろ」とおっしゃっていただければと思います。

とにかく、前回考えたことをまとめると、今回の質問のような場合、運転手に過失が認められ、質問者のお母様が転んだことと因果関係が認められれば、運転手は法律的に損害賠償責任を負うことになります。

 

運転の過失を考えるー安全に運転する義務は?

さて、今回運転手に過失があるのかを考えるにおいて、どのような安全に運転する義務があったのか、その義務にどのように違反しているのか考えなければなりません。

もし、信号への注意や停止する注意を怠ったという事実があれば、それは過失になり得ます。またスピード違反なども注意義務違反になりえ、過失となります。

よくある事例としては、車が右折や左折をしてきて、横断歩道をわたっている人にぶつかるか、またはぶつかりそうになるようなケースです。このような場合には、基本的に車側が歩行者を優先させる義務があるので、それを怠っていれば車側に責任があることになります。

 

義務違反とその結果としての怪我というつながり

 

車両側に上記のような安全配慮義務に違反するような運転があり、その行為から怪我が発生した場合には、今回のような事例では損害賠償を請求できることになります。

具体的には、たとえば合法的に横断歩道を渡っているときに、右折か左折してきた車にひかれそうになり、それを避けるためにひっくり返って怪我をすれば、充分に損害賠償請求をすることができます。

今回質問されている方のお母様がこのような事故に巻き込まれているのであれば、充分に損害賠償ができることになると思います。

 

因果関係の認定は難しい

以上のような場合には、損害賠償が可能と捉えられますが、実際に接触事故がない場合には、運転手に過失があったのか、また、運転と怪我のあいだに因果関係があったのか、よく検討をしなければなりません。

これは、専門家の意見を事件ごとに聞くべきでしょうが、いくつか、損害賠償請求をするにおいて問題になりそうなケースを考えておきます。

 

被害者側の非も考慮される

たとえば、今回質問されている方がお母様と一緒に信号無視をして道路をわたっているという場合が考えられます。

もちろん車は避けなければなりませんが、接触していないと、信号無視の責任も問われる可能性があります。また、似たような事例で歩道を歩いていて、後ろからきた車にクラクションを鳴らされびっくりして、横転してしまうという場合もあるかもしれません。このような場合には、歩行者に非が認められるかもしれません。

 

また、いきなり車がでてきて驚いてひっくり返ってしまったという場合も考えられるかもしれません。
このような場合では、車に一時停止無視などの違反が見つからないかぎり、歩行者も車の運行には注意しなければならないわけですから、運転手の責任にすることは難しいのかもしれません。

 

歩行者対車だと、一般的に車側が悪い、といったことを言われますが、歩行者側に問題があれば、立派な過失となります。
信号無視があれば歩行者は自分の責任もあるので、損害賠償を請求したとしても、自分の過失で相殺されるか、請求自体が難しくなるということは理解されておいた方が良いと思います。

 

事例に即してていねいに判断する必要

このように今回の質問については、簡単にはお答えできないのです。
事例に基いてどのような過失が認められるのかを慎重に判例などに照らして考えなければなりません。

一方で、泣き寝入りをする必要はなく、気軽に法律の専門家にお尋ねになるのが良いと思います。

 

 

次回、また新しいトピックを考えていきたいと思います。
また一週間暑くなったり涼しくなったり忙しいですが、体調を整えて夏を乗り切っていきましょうね。

 




 

車の急接近に驚いて転倒。運転手の責任は?[1]_1010

法律ノート 第1010回 弁護士 鈴木淳司
June 05, 2016




 

私は運転中に概ねニュースを聞いているのですが、最近なぜか日本のNHKが宣伝しています。日本では考えられないはずですが、海外ではNHKを聞いてください、とか、アプリを使ってください、という感じで宣伝しているので驚きました。
日本語ではなく英語を読み書きするオーディエンスを増やそうという試みでしょうか。日本の文化が世界的に広まれば日本にとってはかなりプラスになりそうです。

 

車の急接近に驚いて転倒。運転手の責任は問える?[1]

 

さて、今回から皆さんから新しくいただいている質問を考えていきたいと思います。

いただいている質問をまとめると、「高齢の母と私が歩いているところ、急に車が来ました。それをよけたところ、逃げ切れず、母は転んで頭などを打ちました。目撃者がいたとしても、その車が、あくまでも直接母にぶつかっていない場合には、運転手には何の責任もないのでしょうか。」というものです。

いただいた質問には事故の瞬間がどのようなものであったのか、詳細がありませんので、いくつかのシナリオを考えなければいけないようです。

 

契約関係があるかないかー債務不履行と不法行為

 

基本的に、いわゆる「交通事故」というのは、難しい法律用語でいうと「不法行為」英米法では「Tort」という概念から責任が発生します。

簡単に説明しましょう。

たとえば、二人の人が契約を結んでいて、その契約内容に沿った約束の実行をしない場合には、債務不履行と呼んで、損害賠償が請求できます。
物を買ったのに、対価を払わない場合とか、家を借りているのに、家賃を払わない場合には、「債務不履行」となって、損害賠償を請求されてしまうのです。

 

契約関係にない当事者どうしには不法行為

 

「不法行為」というのは、二人の人がいた場合、その二人の間に契約がないのに、一方が他方に損害賠償の責任を負う場合を言います。

今回の質問を見てみると、質問者のお母様と車の運転手の間には契約はないと思われます。
しかし、運転手の行為に対して質問者のお母様は損害賠償を請求できるのかどうかという問題になるわけです。

お母様が転倒するまでは、会ったこともない運転手に対して、法律に基づいて損害賠償を請求するわけですから、単にお母様が転んだという事実だけではなかなか請求が難しいということを理解していただけると思います。

たとえば、道を歩いていたら目つきが悪い人がいて、怖い思いをしたから損害賠償を請求できるか、といえば難しいということがわかります。

 

 

不法行為によって損害賠償するにはー過失

 

不法行為という法律の概念を使って、被った損害を請求するためには、今回の質問でいえば、運転手に「過失(Negligence)」がなければなりません。

過失といっても、法律用語ですのでわかりにくいですが、簡単にいえば、本来であれば注意するべきことを注意しなかった、という意味があります。
一般的には、車の運転手には、車を安全に運転するという注意義務が課せられています。居眠り運転や、信号を守らないというのは、車を安全に運転していませんね。

同じように、今回の質問においても、運転手が、安全に運転をする注意を怠ったのかどうか、ということがポイントになります。かりに、注意を怠ったと言えれば、過失があると言えるので、不法行為責任を負います。

不法行為責任を負うということは、今回の質問者のお母様は、運転手に対して、損害賠償をすることができるということになるわけです。

 

不法行為によって損害賠償するにはー因果関係

 

まず、車は直接ぶつかっていなくても、運転手に過失が認められれば、損害を請求することは可能です。

ただし、運転手の行為によって、転んで怪我が発生したという流れが認められなければいけません。
難しい法律用語では「因果関係(Causation)」と言いますが、過失のある運転に起因して損害が発生している必要があります。

一般的に民事事件においては、かなり広く因果関係が認められるという傾向にあります。これは、日本でもアメリカでも変わりません。

因果関係が認められないような例を考えると簡単だと思います。「風が吹くと桶屋が儲かる」といった場合には、もともと風が吹くことに過失はありませんが、風が吹いて桶屋が儲かることについては、原因と結果の関係にはないので、因果関係は認められません。

実際の事件において、過失があるか、とか因果関係があるか、というのは、アメリカでは陪審制度によって決められ、日本では「社会通念」という、あるのだかないのだかわからない概念に基いて裁判所が決めます。

 

 

ここから次回続けていきたいと思います。

先週は夏のような日もありました。内陸部では、華氏100度を超える日もあったようです。夜は冷えますので、ぜひみなさん体調に気をつけてください。また、来週まで一週間がんばっていきましょうね。