DVプログラム」タグアーカイブ

アメリカでは購入品を返品する権利がある?[2]





法律ノート 第1034回 弁護士 鈴木淳司
November 22, 2016

先週は私の事務所のクライアントが新しいレストランをオープンされたので、パーティーに事務所の人たちと出席しました。かなり知り合いもいて、楽しい時間を過ごさせていただきました。そのレストランの近所の方も交え、かなり呑んでしまいました。私も含め大酒飲みが何人かいるとペースが早くなるので、要注意です。しかし酒を飲むと、呑んでいる時は、なんとも思わないのですが、あとになってから反省するというのは、私だけではないですよね。パーティーシーズンなので気をつけなければなりませんね。

「アメリカでは購入品を返品する権利はありますか?」[2]

さて、前回から「ある小売店で、電化製品を買いました。アメリカでは気に入らなければ返品ができると聞いていたので、買ってからしばらく経って返品をしようとしたところ、断られました。その店では返品は原則受け付けない、ということなのです。消費者の立場として、買った商品を返品する権利というものはあるのでしょうか」という質問を考えてきました。今回続けていきましょう。

返品を受け付ける義務はない

まず、前回の復習ですが、基本的にカリフォルニア州の法律では、小売店が必ず返品を受け付ける義務はありません。イコール消費者が返品をする権利というのも原則ありません。ただし、小売店の返品について、法律で細かく規定されていますので、以下皆さんと一緒に考えていきましょう。

返品は「できる場合」がある

カリフォルニア州民法1723条を考えてみます。まず、小売店は、購入後7日経ってから、レシートの原本を伴わない、返品、店のクレジットの発行または交換を認めないことができるが、その場合、公の出入口、会計などにそのポリシーを書いて、一般に見えるようにしておかなければならない、と規定されています。読みにくい条文ですが、噛み砕くと、一般的には返品を認めなくても、交換や購入商品と同額のストアクレジットを提供すればよく、これらのサービスも購入から7日間以内にレシートの原本を伴うことを条件にできることになります。
したがって、今回質問されている方が返品を断られたとしても、店に明示されているポリシーによると、購入商品の交換しか認めていなかった場合も考えられますし、購入から7日間以上経過していたり、レシートがなかったのかもしれません。

確認すべきは小売店のポリシー

この規定の例外ですが、かりに小売店が、お店の返品等のポリシーについて明示していない場合、購入者は30日間、返品ができるということが、この条文で決まっています。店にどのようなポリシーがあるのか、確認しておくことは大事ですね。

返品・交換が一切認められない場合

上記のように、購入から7日間であれば、返品はできないにしても、一般的には交換やストアクレジットと提供してくれる場合もあるのですが、これらの小売店の対応に重大な例外があります。

返品、交換などに一切応じる必要がない場合があります。まず、食べ物、植物、消耗品などは一切返品等に応じる必要はありません。また、商品に「as is(現状引き渡し)」とか「final sale」などと書かれている場合には、返品等に対応するかどうかの判断は店側にゆだねられています。
それから、特注品やカスタムオーダーされた商品、衛生面から再販出来ないものは返品等もできないとされています。

自由に「返品」できるわけではない

以上考えたように、返品等がまったく自由にできるわけではないのです。
一方で簡単に返品ができることを売りにしている小売店もありますので、どのようなポリシーがあるのか、ある程度店ごとに知っておくと良いと思います。
返品が簡単に行える店もありますが、誰がどのような返品をしているのかチェックしているところもあり、場合によっては返品を受けない場合もあるようですね。

これで、大体返品について考えたと思いますし、今回の質問にもお答えしたと思います。また、次回から新しくいただいている質問を考えていきましょう。

もうサンクスギビングですね。良いホリデーをお過ごしください。また来週まで、食べ過ぎ飲み過ぎに注意してがんばりましょう。



DV2019米国抽選永住権

グリーンカードDV2019抽選プログラム、公式発表!

今年も10月のおよそ1ヶ月が応募期間です。
例年10月はあっという間に過ぎ去ってしまうという方、当選後のサポートを万全になさりたい皆様、DV2019の申請代行サービスの受付中です。

Diversity Visa Programは、アメリカ政府による公式の移民プログラムです。
世界中の方々が抽選でアメリカの永住権(グリーンカード)を取得できる制度!
年に1回の実施がなされており、応募期間は約1ヶ月。
すべてオンラインでの手続きとなります。
当選後の手続きはすべて英文のインストラクション、フォーム作成となります。

 

【 DV-2019のお申込み受付中 】

【 重要なお知らせ 】  悪質な「DV当選」「DV応募」詐欺にご注意ください!
  << 「ちょっと変だな?」と思ったら、まずは事務局までご一報を! >>

MomsUSAの運営弁護士については、こちらからどうぞ。

 

DV-2018プログラムの申請期間


開始: 2017年10月3日(米国東部夏時間)
終了: 2017年11月7日(米国東部標準時間)
当選発表: 2018年5月1日より

 

申請資格要件

申請資格要件は大きく2つあります。

[1]抽選プログラムの対象国で生まれていること

日本で生まれた方は対象となります。ご不安がある方は、ご自身の戸籍をご確認ください。「出生地」の記載がございます。
日本で生まれていない方でも、配偶者が日本を含む対象国で生まれている方、ご両親が対象国で出生されている方は、配偶者やご両親の資 格により申請が可能な場合があります。

 

【DV-2019 抽選プログラム非対象国】

以下の国でお生まれの方には、原則的に単独での申請資格が認められていません。ただし例外があります。
バングラデシュ・ブラジル・カナダ・中国(本土生まれ)・コロンビア・ドミニカ共和国・エルサルバドル・ハイチ・インド・ジャマイカ・メキシコ・ナイジェリア・パキスタン・ペルー・フィリピン・韓国・イギリス(北アイルランド以外)とその属領地域・ベトナム

<例外>香港・マカオ・台湾で出生された方は申請資格が認められます

 

[2]高等学校を修了していること

日本の小・中・高等学校の12年の教育課程を修了された方は、学歴の要件をみたします。
通信制高校等は認められません。もしくは、一定の職業経験により学歴にかえて要件をみたす場合があります。

※申請資格についてご不安がある場合には、事務局までお問い合わせください。i@jinken.com
※本データは、以下の米国国務省ページに基づいています。
https://travel.state.gov/content/dam/visas/Diversity-Visa/DV-Instructions-Translations/DV-2018%20Instructions/DV-2018%20Instructions%20English.pdf

Momsにおける代行申請受付期間
開始: こちらより受付中です。
終了: 10月31日23:59(日本時間)

Momsにおける写真の受付期間
開始: DV-2019用写真は7月1日から受付
終了: 11月2日23:59(日本時間)

*ご注意* お客様の都合による写真未提出により申請ができなかった場合、一切返金致しません。
申請には、配偶者様とお子様(21歳未満)の最新のお写真も必要です(ただし、米国籍/永住権保持者を除く)。お写真がご用意できない方は、お申込みをなさらないでください。
*DV-2019応募に間に合わなかった場合には、DV-2020へのお申し込みとして受け付けいたします。
*お写真の送付方法は、すべて事務局へのデータ送信で完了します。郵送の必要はございません。

 

【 ご注意 】
お申込み後の自動送信メールが、迷惑メールに分類されることがあります。
お申込みされた後には、迷惑メールボックスの確認をよろしくお願いいたします。

重要な注意事項等のお知らせが入る場合があります。


 

正式には「Diversity Immigrant Visa Program (移民多様化ビザプログラム)」と言います。抽選と言っても、アメリカ国務省が行う正式なプログラムです。世界中から多様な人々を受け入れようというコンセプトで、国家プロジェクトとして行われています。

抽選によりアメリカの永住権(グリーンカード)が付与されるため、Greencard Lottery(グリーンカードロッタリー)あるいは日本では永住権宝くじなどとも呼ばれています。当選者はコンピューターによる無作為抽選で決められます。

通常永住権を取得するには、膨大な費用と時間をかけなければなりません。また誰でも取得できるわけではなく、かなり条件も厳しくなっています。しかし、この抽選永住権は、上記の通り、主な条件が「高卒以上であること」ぐらいで、日本人にとってはかなり低い条件となっています。

ですから、アメリカで自由に住みたい、学びたい、子育てしたい!と思っている方には、これ以上のチャンスはありません。

米国永住権を取得して、あんしん子育て@USA

【 重要なお知らせ 】  悪質な「DV当選」「DV応募」詐欺にご注意ください!
DV応募は、ご自身で行う場合には申込費用がかかりません。
<< 「ちょっと変だな?」と思ったら、まずは事務局までご一報を! >>

DV2019グリーンカード「アメリカ抽選永住権」、国務省から実施の正式発表がありました(2017/09/14)

 

【 DV-2019のお申込み受付中 】

Moms申請代行申込〆切: 2017年10月31日23:59(日本時間)
Moms申請写真受付〆切: 2017年11月2日23:59(日本時間)

MomsUSAの運営弁護士については、こちらからどうぞ。dventry

お客様登録がまだの方は、こちらからどうぞ。

【米国国務省にけるDVプログラムの申請期間(DV2019)】
申請受付開始: 2017年10月3日(米国東部夏時間)
申請受付終了: 2017年11月7日(米国東部標準時間)
当選発表  : 2018年5月1日より

*Moms(JINKEN.COM)ご利用者様には、当選結果を個別に連絡いたします。

 

【 DVアメリカ抽選永住権代行申請 ご利用料金 
DV2017申請代行料金

[ すでにメンバー登録がお済みのお客様 ]
昨年までのデータをご利用いただけます。
お客様ページよりログイン後、DV代行申請サービスのお申し込みができます。

[ まだメンバー登録がお済みでないお客様 ]
新規メンバー登録をされた後、お客様ページよりお申し込みができます。

 


【 ご当選者の皆さまへ!おめでとうございます! 

当選した後の手続き、全面サポートいたします。
DV2017当選後サポート専用
*Moms(JINKEN.COM)のスタンダードサービスをご利用の方は、当選後の手続きのサポート費用は不要です(お子様の人数による追加分を除く)。

当選結果の確認はご自身でも行うことができます。当選確認方法はこちらから。

DV2018win-letter

 

【 グリーンカードDV2018抽選結果 】


2016年10月応募のDV2018。当選発表は2017年5月2日(米東部夏時間)から行われました。

弊社代行申請をご利用の皆様には、当選確認後に、5月8日中(日本時間)に、全てのお客様お一人お一人にメールを差し上げました。メールボックスの確認をお願いいたいします。
追加当選など、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

抽選結果の確認方法はこちらから

 

DVは申請時の正確さ、そして何といっても当選した後の手続きが決め手!弊社ご利用者様のすべての皆様が、実際に永住権を取得されていらっしゃいます。

DV-2019でも、弁護士以下スタッフ一同で、皆さまの本気にお応えします。

すぐに渡米が難しい方の再入国許可証取得(有料)・免許証の取得サポート・永住者の義務となる確定申告のご案内など、トータルサポートを行っています。

 

【 DV2017ご当選者のみなさまへ 】
面接日時の設定をお待ちの方は、ぜひ一度、ご自身のE-DV Websiteをご確認ください。
詳しくはこちらから。

 

残念ながらご当選にもれた皆さまには、DV-2019のお申込みをお待ちしています。
ご優待にあたるかどうかもご確認の上、どうぞご利用ください!


アメリカ抽選永住権(Diversity Visa)をご存知ですか?

DVアメリカ抽選永住権に応募されたことはありますか?

ご自分で応募するだけでなく、手軽に申請代行サービスも利用できるのですよ。
当所はDV代行申請のパイオニア。
おかげさまで、開設以来、多くの当選者を出し、永住者として米国に迎え入れてきました。

「弁護士は黒子でいい」と言い切る、現役のカリフォルニア州弁護士が直営。
◆運営弁護士についてはこちらから。◆
当選後のグリーンカード取得までの手続きも、親身にサポートしています。

抽選永住権の代行サービスで、Moms(JINKEN.COM)をおすすめする理由はシンプル。

↓↓↓ ご自身でも応募できる方たちが、弊社を利用される理由、分かります。 ↓↓↓

dv2019entry-top