米国ビザ」タグアーカイブ

米国での起業とビザ。友人を助けたいがリスクは?[5]





法律ノート 第1046回 弁護士 鈴木淳司
February 20, 2017

ベイエリアは相変わらず雨が多いのですが、梅や桜が咲いています。青空に映えないので可哀想ですが、少なくともたくさんの水をもらい元気そうです。日本でも河津桜が咲き出す時期ですが、やっと冬から春へ、季節の足音が聞こえてきましたね。アメリカは、プレジデントデーがあるので3連休です。皆さんはどのような週末を過ごされていますか。

「米国での起業とビザ。友人を助けたいがリスクは?」[5]

さて、前回から引き続き「日本にいる友人が米国で起業をして、ビザをとりたいという相談を受けています。まずは、アメリカに在住している私が会社を起こして、日本からの投資を受け、友人にビザを出せないかと考えています。このようなケースにおいて、質問はたくさんあるのですが、まず友人を助けるという観点から会社の社長などになったときに、何か私個人の責任が発生しないかと心配になってきています。あとで友人と揉めるのも本意ではないので、リスクのあることはしたくないというのが本音です。」という質問を考えていきたいと思います。

おっくうがらず客観的な第三者に相談を

前回、「親しき仲にも礼儀あり」ということで、事前に約束事を決めておくほうがよく、少なくとも書面で将来の関係を残しておいたほうが良いということをお勧めしました。前回何点か契約書にいれるべき重要なポイントを考えましたが、今回引き続き何点か考えておきましょう。ただ、前回も付言したのですが、できれば、客観的な意見をもらえる第三者に相談されることが良いかもしれません。

契約の終わり方はかならず決める

まず、契約がどのように終了するのかも決めておいたほうが良いと思います。通常、友人同士でビジネスをはじめると、「終わり」を考えることをしませんね。しかし、色々な事情で、関係を解消する必要がでてくる場合もあります。ですので、契約の終了事由などを契約書では書いておくことが当然です。星影のワルツではありませんが、別れることも仕方がないこともあるのです。

曖昧な経費支出の取決めはのちの紛争のタネ

それから、よく紛争の元になる、経費については、詳細の記載が必要になるとおもいます。どのような経費を会社持ちにするのか、どのような経費の支出は、事前の承認が必要だとか、クレジットカードの使用などについては、事前に決めておくことが重要です。信頼関係が失われると、会社対経営者の訴訟の多くは、この経費についての問題に起因します。したがって、詳細に決め、疑義がある場合には、メールで支出の内容を確認するなどを決めて置くほうが良いと思います。

報告義務は信頼関係の基礎

この経費の問題とパラレルに考えられるのは、報告義務の明確化です。いわゆる「ホウレンソウ(報告、連絡、相談)」は一般的に重要ですが、報告の頻度および内容などについてある程度決めておかないと、信頼関係の破壊を招きかねません。

情報を含む会社の財産管理

次に、会社の財産の管理について明確にしておいたほうが良いと思われます。どのような情報が機密情報なのか決めておくことが重要です。また、会社の支出によって発生した財産は、すべて会社に帰属するなどという条項も重要になると思います。知的財産の帰属などもこれに含まれます。
目に見えない財産でも、現代社会ではそれなりの価値を持ちますので、後日の紛争の火種にならないように最初から明確に決めておきましょう。

競業避止義務と忠実義務

それから、前々回まで詳しく考えましたが、たとえば競業避止義務や忠実義務などの、取締役や、執行役(President など)が会社との委任関係上発生する義務に関して明確に記載しておくことも、アメリカにおける契約書では一般的になっています。ですので、テンプレート的な内容になるかもしれませんが、契約の内容としておくと良いかもしれません。

一貫性がある契約を

上記に加えて、アメリカの契約書に一般的に記載されるような内容も含めると良いですが、あまりインターネットに落ちているテンプレートを切り貼りしていると、内容が曖昧になり、後日紛争になったときにドツボにはまることもありますので、一貫性のある内容にすることはとても重要だと思います。

友人関係だからこそ、詳細な取決めが大切

数回を使って、今回の質問を網羅的に考えたつもりですが、他にも質問があるという読者の方がいらっしゃれば、また法律ノートまで追加の質問をされてください。とにかく、友人同士のなし崩し的な関係は、後日の危険を含んでいるということを感じていただければ充分かな、と思っています。

サンフランシスコは雨で花見どころの天気ではありませんが、せっかく木々が芽吹いて花を咲かせる季節になってきました。季節を楽しみながら、また一週間がんばっていきましょうね。




 

DV2019米国抽選永住権

グリーンカードDV2019抽選プログラム、公式発表!

今年も10月のおよそ1ヶ月が応募期間です。
例年10月はあっという間に過ぎ去ってしまうという方、当選後のサポートを万全になさりたい皆様、DV2019の申請代行サービスの受付中です。

Diversity Visa Programは、アメリカ政府による公式の移民プログラムです。
世界中の方々が抽選でアメリカの永住権(グリーンカード)を取得できる制度!
年に1回の実施がなされており、応募期間は約1ヶ月。
すべてオンラインでの手続きとなります。
当選後の手続きはすべて英文のインストラクション、フォーム作成となります。

 

【 DV-2019のお申込み受付中 】

【 重要なお知らせ 】  悪質な「DV当選」「DV応募」詐欺にご注意ください!
  << 「ちょっと変だな?」と思ったら、まずは事務局までご一報を! >>

MomsUSAの運営弁護士については、こちらからどうぞ。

 

DV-2018プログラムの申請期間


開始: 2017年10月3日(米国東部夏時間)
終了: 2017年11月7日(米国東部標準時間)
当選発表: 2018年5月1日より

 

申請資格要件

申請資格要件は大きく2つあります。

[1]抽選プログラムの対象国で生まれていること

日本で生まれた方は対象となります。ご不安がある方は、ご自身の戸籍をご確認ください。「出生地」の記載がございます。
日本で生まれていない方でも、配偶者が日本を含む対象国で生まれている方、ご両親が対象国で出生されている方は、配偶者やご両親の資 格により申請が可能な場合があります。

 

【DV-2019 抽選プログラム非対象国】

以下の国でお生まれの方には、原則的に単独での申請資格が認められていません。ただし例外があります。
バングラデシュ・ブラジル・カナダ・中国(本土生まれ)・コロンビア・ドミニカ共和国・エルサルバドル・ハイチ・インド・ジャマイカ・メキシコ・ナイジェリア・パキスタン・ペルー・フィリピン・韓国・イギリス(北アイルランド以外)とその属領地域・ベトナム

<例外>香港・マカオ・台湾で出生された方は申請資格が認められます

 

[2]高等学校を修了していること

日本の小・中・高等学校の12年の教育課程を修了された方は、学歴の要件をみたします。
通信制高校等は認められません。もしくは、一定の職業経験により学歴にかえて要件をみたす場合があります。

※申請資格についてご不安がある場合には、事務局までお問い合わせください。i@jinken.com
※本データは、以下の米国国務省ページに基づいています。
https://travel.state.gov/content/dam/visas/Diversity-Visa/DV-Instructions-Translations/DV-2018%20Instructions/DV-2018%20Instructions%20English.pdf

Momsにおける代行申請受付期間
開始: こちらより受付中です。
終了: 10月31日23:59(日本時間)

Momsにおける写真の受付期間
開始: DV-2019用写真は7月1日から受付
終了: 11月2日23:59(日本時間)

*ご注意* お客様の都合による写真未提出により申請ができなかった場合、一切返金致しません。
申請には、配偶者様とお子様(21歳未満)の最新のお写真も必要です(ただし、米国籍/永住権保持者を除く)。お写真がご用意できない方は、お申込みをなさらないでください。
*DV-2019応募に間に合わなかった場合には、DV-2020へのお申し込みとして受け付けいたします。
*お写真の送付方法は、すべて事務局へのデータ送信で完了します。郵送の必要はございません。

 

【 ご注意 】
お申込み後の自動送信メールが、迷惑メールに分類されることがあります。
お申込みされた後には、迷惑メールボックスの確認をよろしくお願いいたします。

重要な注意事項等のお知らせが入る場合があります。


 

正式には「Diversity Immigrant Visa Program (移民多様化ビザプログラム)」と言います。抽選と言っても、アメリカ国務省が行う正式なプログラムです。世界中から多様な人々を受け入れようというコンセプトで、国家プロジェクトとして行われています。

抽選によりアメリカの永住権(グリーンカード)が付与されるため、Greencard Lottery(グリーンカードロッタリー)あるいは日本では永住権宝くじなどとも呼ばれています。当選者はコンピューターによる無作為抽選で決められます。

通常永住権を取得するには、膨大な費用と時間をかけなければなりません。また誰でも取得できるわけではなく、かなり条件も厳しくなっています。しかし、この抽選永住権は、上記の通り、主な条件が「高卒以上であること」ぐらいで、日本人にとってはかなり低い条件となっています。

ですから、アメリカで自由に住みたい、学びたい、子育てしたい!と思っている方には、これ以上のチャンスはありません。

米国永住権を取得して、あんしん子育て@USA

【 重要なお知らせ 】  悪質な「DV当選」「DV応募」詐欺にご注意ください!
DV応募は、ご自身で行う場合には申込費用がかかりません。
<< 「ちょっと変だな?」と思ったら、まずは事務局までご一報を! >>

DV2019グリーンカード「アメリカ抽選永住権」、国務省から実施の正式発表がありました(2017/09/14)

 

【 DV-2019のお申込み受付中 】

Moms申請代行申込〆切: 2017年10月31日23:59(日本時間)
Moms申請写真受付〆切: 2017年11月2日23:59(日本時間)

MomsUSAの運営弁護士については、こちらからどうぞ。dventry

お客様登録がまだの方は、こちらからどうぞ。

【米国国務省にけるDVプログラムの申請期間(DV2019)】
申請受付開始: 2017年10月3日(米国東部夏時間)
申請受付終了: 2017年11月7日(米国東部標準時間)
当選発表  : 2018年5月1日より

*Moms(JINKEN.COM)ご利用者様には、当選結果を個別に連絡いたします。

 

【 DVアメリカ抽選永住権代行申請 ご利用料金 
DV2017申請代行料金

[ すでにメンバー登録がお済みのお客様 ]
昨年までのデータをご利用いただけます。
お客様ページよりログイン後、DV代行申請サービスのお申し込みができます。

[ まだメンバー登録がお済みでないお客様 ]
新規メンバー登録をされた後、お客様ページよりお申し込みができます。

 


【 ご当選者の皆さまへ!おめでとうございます! 

当選した後の手続き、全面サポートいたします。
DV2017当選後サポート専用
*Moms(JINKEN.COM)のスタンダードサービスをご利用の方は、当選後の手続きのサポート費用は不要です(お子様の人数による追加分を除く)。

当選結果の確認はご自身でも行うことができます。当選確認方法はこちらから。

DV2018win-letter

 

【 グリーンカードDV2018抽選結果 】


2016年10月応募のDV2018。当選発表は2017年5月2日(米東部夏時間)から行われました。

弊社代行申請をご利用の皆様には、当選確認後に、5月8日中(日本時間)に、全てのお客様お一人お一人にメールを差し上げました。メールボックスの確認をお願いいたいします。
追加当選など、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

抽選結果の確認方法はこちらから

 

DVは申請時の正確さ、そして何といっても当選した後の手続きが決め手!弊社ご利用者様のすべての皆様が、実際に永住権を取得されていらっしゃいます。

DV-2019でも、弁護士以下スタッフ一同で、皆さまの本気にお応えします。

すぐに渡米が難しい方の再入国許可証取得(有料)・免許証の取得サポート・永住者の義務となる確定申告のご案内など、トータルサポートを行っています。

 

【 DV2017ご当選者のみなさまへ 】
面接日時の設定をお待ちの方は、ぜひ一度、ご自身のE-DV Websiteをご確認ください。
詳しくはこちらから。

 

残念ながらご当選にもれた皆さまには、DV-2019のお申込みをお待ちしています。
ご優待にあたるかどうかもご確認の上、どうぞご利用ください!


アメリカ抽選永住権(Diversity Visa)をご存知ですか?

DVアメリカ抽選永住権に応募されたことはありますか?

ご自分で応募するだけでなく、手軽に申請代行サービスも利用できるのですよ。
当所はDV代行申請のパイオニア。
おかげさまで、開設以来、多くの当選者を出し、永住者として米国に迎え入れてきました。

「弁護士は黒子でいい」と言い切る、現役のカリフォルニア州弁護士が直営。
◆運営弁護士についてはこちらから。◆
当選後のグリーンカード取得までの手続きも、親身にサポートしています。

抽選永住権の代行サービスで、Moms(JINKEN.COM)をおすすめする理由はシンプル。

↓↓↓ ご自身でも応募できる方たちが、弊社を利用される理由、分かります。 ↓↓↓

dv2019entry-top