支社」タグアーカイブ

社員が無断で仕事をかけ持ち。会社として対応は?[1]_1100




May 03, 2018

週末にかけて、サンフランシスコ近郊で女子プロゴルフ大会が開催されていました。なかなかないチャンスなので出かけました。かなり海沿いは風があったのですが、プロの打つ計算されたショットに感心していました。日本人でも単身アメリカでチャレンジしている10代の選手がいて、上位に食い込んでいました。まだまだチャンスはありそうですので、本当に若い日本人に海外でがんばってもらいたいと思いました。皆さんは好天気を利用され何かされましたか。

 

社員が無断で仕事をかけ持ち。会社として対応は?[1]

さて、今回から新しく皆さんからいただいている質問を考えていきたいと思います。

いただいている質問をまとめると、「日系企業のアメリカ支社で社長として赴任している者です。最近、当社の人事担当に、素行が不自然な従業員がいるということを、他の従業員を通して情報が入りました。情報を集めていると、どうも当社の仕事以外にも仕事を掛け持ちしていることがわかりました。他の仕事をしているため、日中集中できないこともある様子です。本人に問いただすと、何も言わず数日無断欠勤をしました。その後また出社してきたので、ミーティングを持ちたいと人事担当が告げたところ、弁護士同席でないと嫌だと拒否されました。こういった場合、どのように対応するのが会社側としては妥当なのでしょうか。」というものです。

 

本来の業務パフォーマンスに影響、アプローチはどこから?

かなり内容が長かったので、私ができるだけ一般化して短くしました。
つまり、今回の質問は、仕事をいくつか掛け持ちして、一つの仕事に対してパフォーマンスの影響があるので、それを糺したい、ということと、無断欠勤をしたことに関して、懲罰したいという内容だと思います。私の捉え方が間違っていた場合、質問をされた法律ノートの読者の方はもう一度指摘していただけると幸いです。

 

兼業・フリーランスの広がり

さて、まず今回の質問を考えていくうえで、基礎となりそうなポイントを考えていきたいと思います。

今回質問の内容となっている兼業から考えていきましょう。

兼業とは、本業の他にほかの業務、つまり副業を持つことをいいます。

今の時代、副業をいくつも掛け持ちしている人も少なくないですし、若い人でも、「フリーランス」として、いくつもの副業で生活を賄っている人も多くなってきているみたいです。私が知り合いから聞いている若者も、動画を制作しながら、タクシーサービスを行い、住んでいるアパートの一室を大家に黙って日毎転貸しながら生活しているが、毎日規則的に生きなくて良いので楽で良いそうです。時代は変わってきたものですね。そのうち学校も毎日行かなくて、好きな時間にビデオを見ていれば良いなんてなってしまうと、社会が崩壊しそうですが。

 

法律で絶対に禁止されている事項ではない

少々横に逸れましたが、基本的には法律で兼業は禁止されているわけではありません
ですので、他に禁止される理由がなければ、人は兼業しても良いのです。

一方で、兼業が禁止される場合がいくつかあります。
一つは、公務員や特殊な公務を扱う職業については、日本でもアメリカでも兼業が制限されています。公的な仕事に就いている場合には、その仕事に専念してください、という理念があるからです。

もう一つ大きな禁止の理由は、私企業が就業規則などで兼業を禁止する場合があります。日本の企業ではまだ多くの兼業禁止規定もありますし、アメリカでも企業によっては禁止規定を維持しているところもあります。

ただ、これは、企業ごとの判断になりますので、各々の企業の規則などを確認する必要があります。このような禁止する根拠がなければ、原則として兼業は自由ということになります。
最近では、インターネットを通しての兼業が盛んですし、生活のため、趣味のためなどの兼業が盛んになっているようですので、兼業の機会も増えてきますし、奨励する企業も出てきていますね。

次回ここから考えていきたいと思います。弁護士の同席も基本的にはどうなのか、かんがえなくてはなりません。これらを踏まえて今回の質問をみなさんと一緒に考えていきましょう。
気持ちの良い日が多くなってきましたね。緑を楽しみながらまた一週間がんばっていきましょうね。

 


▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中
https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい!
Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

 





 

シリコンバレーで起業。プランニングは?[2]_997




 

法律ノート 第997回 弁護士 鈴木淳司
March 08, 2016

 

最近、新米弁護士の法廷に付いて行って、色々法廷の傍聴席から指示をしていました。刑事事件 でした。重要な法廷はやはり私が自分でやらなくてはならないのですが、少しずつ私がやっている業務も若い人達に覚えていってもらって、花を咲かせてもらわなければなりません。無事に法廷が終わり、駐車場に戻る我々に保釈保証金を肩代わりしてくれる業者(Bail Bond)がネックストラップを差し出したので私が受け取りました。私服だった私はどうも被告人に思われたようでした。 便利そうなので使うことにしようと思います。

 

シリコンバレーで起業。プランニングは?[2]

 

さて、前回から

「(現在日本にいる)インターネット系ベンチャー企業を数名ではじめた一人です。日本では企業として活動しているのですが、今後世界展開をすることを視野に、できれば将来はシリコンバレーに会社を設立して、アメリカ事業を展開したいと思っています。いろいろ情報を集めているのですが、まずどのようなことをしなければいけないのかよく理解していません。イメージをしてから 具体的なプランニングをしたいと思っています。」という質問を考え始めました。

前回は法律的なことというよりは、ビジネス・プランニングをしっかりしなければならないということは理解していただけたと思います。

弁護士や会計士なんていうのは、二の次の話しです。ここから今回考えていきたいと思います。
それでは、会社をつくるメリットを考えていきましょう。

 

シリコンバレーに会社をつくるメリット

近年では日本である程度成功してアメリカに取っ掛かりをつくって世界にアイディアを広めていこうと考えられている会社も少なくありませんし、私の所属する事務所もかなり多くの企業のサポートをしています。

もちろん、前回考えたように、ビジネスプランがしっかりしていれば問題はないのですが、アメリカにそれも、人件費から生活費まで何もかも高いシリコンバレーに会社を設立するメリットはどこにあるか、考えなければなりません

もちろん、人脈を形成したり、お金を出してくれるファンドに近いシリコンバレーにはアイディアもチャンスもかなり眠っている可能性はあります。そのような人的な関係を構築することについてはやはり現地で人とあって、いろいろ体験することが近道なのかもしれません。

 

業務展開が二の次になる企業が多い

しかし一方で、会社を設立するというメリットはどのように考えるのか、建設的にならなければなりません。ほとんどのIT企業がアメリカに進出しても、やっていることは以前と変わらないという状況にあります。

結局、インターネットでビジネスをするということは言語を多元化すれば、カスタマーサービスが不要であれば、どこにいてもできるということになります。そうすると、シリコンバレーに会社を設立することは、対外的に「アメリカに進出しました」という見栄的な要素が多分にあり、業務展開が二の次になるという実態があります。

アメリカに会社を設立して、弁護士や会計士を使ってその会社を法的に維持し、結局売上も立たない状態で、単に会社だけが存在する、ということになるのが、8割方のパターンであります。そうであれば、その費用を研究開発に回すこともできるわけです。

 

まずは日本の会社の支社を作るという選択肢

シリコンバレーに、カリフォルニアに、会社を設立することが第一義になるようではビジネスが うまくいかないわけです。

次回考えますが、日本から来られるIT企業のほとんどは、法的責任のコンプライアンスなどを考えていますが、まず考えなければいけないのは、会社の収益が成り立つのかということです。
弁護士が意見をすることではありませんが、アメリカに子会社を設立しなくても、事業が成長すれば子会社を作る必要もでてきます。

ですので、たとえば、最初は子会社ではなく、日本の会社の支社(Foreign Registration)というオプションも考えなければいけませんし、まったく別途会社を設立して、危険を分散していくという方法も充分に考えられます。

子会社を作れば、会社の設立、立ち上げ時の労働等のコンプライアンス、会計、税務申告と次回 以降考えますが、かなりの出費になります。そのような出費が「なんでもない」という状況であれば問題ありませんが、やはり謙虚に考えれば、できるだけ業務は拡大してコストを最小限にするのが経営者なのだと思います。

 

子会社を設立する方法以外に、シリコンバレー等、アメリカでプレゼンスを作り、順次子会社に繋げていくという方法を次回考えていきたいと思います。

 

ベイエリアは激しい雨が降って、雷も鳴っています。春の訪れの前置でしょうか。花粉で苦しんでいる方も多いと思いますが、また一週間がんばっていきましょう。

 




 

シリコンバレーで起業。プランニングは?[1]-996




 

法律ノート 第996回 弁護士 鈴木淳司
february 08, 2016

 

とにかくベイエリアの不動産は不合理な高騰を続けていますが、サンフランシスコのレストランもとにかく値段が高いと感じます。出張に行って、他の街で食事をすると、サンフランシスコ飯は倍以上に感じます。私はどちらかというとB級グルメファンなのですが、魅力がある店がどんどん少なくなってきているように思うのですけどね。皆さんがこじんまりして、気張らない良いレストランをご存知だったらぜひ教えて下さいね。

 

シリコンバレーで起業。プランニングは?[1]

 

さて、今回から新しくいただいている質問を考えていきたいと思います。
いただいている質問をまとめると

「(現在日本にいる)インターネット系ベンチャー企業を数名ではじめた一人です。日本では企業として活動しているのですが、今後世界展開をすることを視野に、できれば将来はシリコンバレーに会社を設立して、アメリカ事業を展開したいと思っています。いろいろ情報を集めているのですが、まずどのようなことをしなければいけないのかよく理解していません。イメージをしてから具体的なプランニングをしたいと思っています。」というものです。

 

最近では日本でもある程度ファンド金が集まって運営されており、それなりに若手の人達のスタートアップ企業も増えてきました。とても夢があって良いことだと思います。
私自身もアメリカでいわゆる起業をした一人です。今では海外旅行もあまり積極的ではないという若い人も多いようですが、地球は色々見て学ぶところがありますので、自分のいる環境から飛び出してみるのも良いのではないでしょうか。

 

ITのメッカ…シリコンバレーでの起業

さて、今回質問されている方は、シリコンバレーに進出して世界を狙おうとされているスタートアップ企業の代表取締役を日本でされているようです。ただ、なかなかアメリカに進出するという取っ掛かりがないようです。

シリコンバレーというと、スティーブ・ジョブズなどの伝記が今では大々的に日本でも売られていますので、日本でもやはりIT業界のメッカと考えられているようです。

多くのIT企業がシリコンバレーで起業していますし、ファンドにしても集まってくるわけですから、世界展開を考えるにおいて、シリコンバレーは重要な地理的な位置づけなのだと思います。

 

詳細なビジネスプランが成功のカギ

もちろん夢を持ってシリコンバレーに進出するのは良いのですが、現実的に多くの企業が数年で撤退するか休眠状態になることも少なくありません。

色々な理由が考えられますが、主な理由として計画が不十分であった、ということが考えられると思います。
私がよく目にするパターンとしては、漠然とシリコンバレーに現地の会社をつくれば、シナジー効果が生まれ業績が伸びると考えられている企業が多くあることです。このような企業は、最初は大々的に事業をはじめても、結局方向が転換するか、赤字を垂れ流すことになってしまいます。

もちろん、趣味的な進出であれば、良いのでしょうが、そうではなく実質的なビジネスを伸ばすためには、とにかく最初にできるだけ詳細なビジネスプランをつくることです。

 

最も重要なのは時間軸に基づいたプラン

シリコンバレーにも、弁護士やコンサルタントがいて、「進出をお手伝いします」的な仕事をされている方も少なくないと思います。しかし、そのようなサポートを望むことは二の次です。課題はとにかく、具体的なビジネスプランをつくることだと思います。

具体的にはどのようなマーケットがあるのか、どのようなビジネスの展開をするのか、などを考えなければなりませんが、私が今まで20年間スタートアップ企業を見てきて一番重要なことは、時間軸で色々な制約を課すことです。

すなわち、4半期、1年、3年、という区切りをつくって、その間にどのようなことを達成するのかを明確にすることです。法律家やコンサルタントなどは無視してください。

とにかく、自分が何を達成するのかを明確に時間軸に照らして決めることです。

 

今回質問されている方のようにすでに日本で第一次的なビジネスをされているのであれば、感覚は掴めると思いますし、わからなければ、まずビジネスプランをつくるための友人や知り合いを構築することが最初の一歩だと思います。

アメリカではまず弁護士が必要だ、とか法律をよく知らないと問題が生じる、といったことを聞きますが、それはさておいて、まずビジネスがどういうものなのか、時間的な感覚はどのようなものなのか、確固としたものを構築してください。

 

今回は法律論というよりは、私の経験に基づいた一般論的になりましたが、次回続けていきたいと思います。三寒四温のこの季節、体調を崩されている方も多くいらっしゃいます。体調に気をつけてまた一週間がんばっていきましょう。