抽選」タグアーカイブ

H-1Bビザ抽選終了-別プランを考える




 

May 9, 2017

H-1B抽選漏れ、そして次の一手

先日、H-1Bビザの申請数が年間許可可能件数をはるかに超えて、過半数以上の申請書類が抽選に漏れました。企業としては、外国人を雇い入れるためのH-1Bを有効に使えないために、代替え案を考えなければならない問題に直面している時期です。

トランプ大統領が「アメリカ・ファースト」を弛みなく主張している現在、H-1Bビザの枠がこれ以上大きくなることはないですし、大卒、院卒の外国人を雇うため、ある程度H-1Bビザ以外のビザも視野にいれなければならない現状です。

H-1Bビザの取得に関しては、前回も弁護士ブログで考えましたので、ここであえて反芻しません。
H-1Bビザ申請(2018年度分申請)参照

 

米国外での雇用にシフト

先日飛行機に乗っていて、横に乗っていたSNS関係のイギリス人が言っていましたが、現在H-1B発給がアメリカで事実上難しくなってきているので、雇用をアメリカ外にシフトしているということでした。その大手SNS会社では、ロンドンで2000人以上雇い入れているという話でした。
「アメリカ・ファースト」をアメリカ政府が実行していくと、地場に縛られない企業であれば、それなら、アメリカ外で外国人を雇い易い地を求めようということになり、どんどんアメリカ以外の国に進出していくということになっていくのではないかと思います。

 

これまでのH-1B取得のパターン

H-1Bビザというのは、発給の主たるパターンとしては、アメリカに留学している外国人学生が、いわゆるオプショナルプラクティカルトレーニングといい、学位を取得したことを条件に一年間は雇用が許されるという制度を利用して、米国内で働くことができるのですが、その延長としてH-1Bビザを申請するという筋が考えられます。
そうすると、外国人学生としては、米国企業で働くチャンスが限られてくるため、そもそもアメリカに留学することを見合わせるという傾向もあるようです。

ただ、日本人留学生であれば、H-1Bビザ以外にも、考えられるビザがあります。企業としても、H-1Bビザの抽選に漏れて、外国人の雇用ができずに困っているのですが、以下のビザを考えてみてください。

 

日本人の場合に考えられるビザーEビザ

まず、日本は、Eビザ発給の条約締結国なので、企業のコントロールの過半数が日本企業または日本人であれば、Eビザのサポートが可能になります。もちろん、発給要件はありますが、外国人申請者にある程度業務に関連する実務経験があれば、考えられるビザではあります。

多くの人はなぜか、Eビザは日本からの転勤用のビザだと思っているようですが、それは違います。
実務経験が、業務にマッチするものであれば、スポンサー企業以外の経験も利用することができます。

Eビザにも細かくわけて二種類あって、日米間の貿易量が多い企業に発給されるE-1ビザと、日本からの投資額に応じて発給されるE-2ビザがあります。最近のH-1Bビザ取得の困難さから、かなりEビザに頼る日系企業が増えています。日本企業であれば使えるビザなので、大いに活用を考えて、まずEビザの可能性を探ってください。

 

日本人の場合に考えられるビザーLビザ

Eビザよりは、新卒者採用のフレキシブルさには劣るかもしれませんが、Lビザというのもあります。Lビザこそ、転勤用のビザで、日本企業から、アメリカの子会社、関連会社に転勤や出向などをする場合に用いられます。

親会社等での最低限の経験を要求されますので、まったく採用企業に働いたことのない新卒者を雇う場合に、いきなりLビザの発給を求めることは難しいわけです。少なくとも、親会社に一年間は働いて、そのうえで、Lビザの申請をするということになります。そういう採用でも良いというのであれば、Lビザの発給も射程内になりますね。

 

諦めずに方法を探る

現状、H-1Bビザの抽選が終了し、採用する側もされる側も困っている例をよく耳にしますが、簡単に諦めずに、EビザまたはLビザの可能性についても探ってから判断をするのが良かろうと思います。

まだ、日本人には、条約のおかげでEビザの可能性が残されているのですから、他の条約非締結国のパスポートを持っている外国人よりも、就労ビザ取得の可能性は大きいわけですね。H-1Bビザがとれなくても、アメリカで活躍する日本人が就労ビザを取って活躍できることを心から願っています。
次回また新しいトピックを考えていきましょう。




 

DV2018(アメリカ抽選永住権)抽選結果のお知らせ




 

DV抽選結果確認画面

昨年2016年10月のおよそ1ヶ月間に応募受付がなされたDV−2018(Diversity Visa Program 2018,  アメリカ抽選永住権プログラム)。
アメリカの永住権(通称:グリーンカード)が抽選で当たる、米政府公式の移民多様化プログラムです。

先日、5月2日正午(米東部夏時間)より抽選結果の発表がなされました。

今回の当選者総数や日本出生の皆様の当選状況は、まだ公式の発表がなされていませんので不明ですが、当選者の方々には当選画面が正しく表示されており、当選結果は確定したと言えるでしょう。

MomsUSA(JINKEN.COM)を通じてご応募なさった皆様には、すべてご登録のeメールアドレスに結果のご連絡を差し上げました。
メールボックスのご確認をお願いいたします。
残念ながら、数名様から、メールが到達しない旨のエラーメールが届いております。もしもお手元に事務局スタッフからの個別メールが届いていない場合には、大変お手数ではございますが、再度ご連絡をお願いいたします。( i@jinken.com まで。 )

場合によっては、数ヶ月後に、再抽選によって若干名ではありますが、さらに当選者が選ばれることもあります。
この後の情報にもご注意の上、DV2018応募時のコンファメーションナンバーは、引き続き大切に保管してください。

 

 

○抽選結果の確認はご自身でもできます。確認方法はこちらから

○DV−2019のご応募も受付中です。こちらから

○弊社の充実したDV応募サービスはこちらからご確認ください。




 

DV2018当選確認中です!





ただいま、日米で確認作業中です。
システムが安定していることを確認しながら、確実に進めております。
弊社をご利用いただいた皆様には、大変お待たせをしまして心苦しいところですが、正確な結果の確定が非常に大切です。

ご理解をいただきますように、お願いを申し上げます。

☆ご自身でも当選結果を確認できます!☆
こちらのページをご参考になさってください。
chttp://momsusa.jp/dv-program/dvconfirm
弊社ご利用者様への当落結果のメールは、日本時間の5月8日までに完了する予定です。

一部のご当選者様には、すでにご連絡を差し上げております。
メールボックスをご確認いただきますように、お願い申し上げます。

*全世界からのアクセスが集中している状態ですと、なかなか繋がらない、結果が確認できない、画面が表示されないということがあります。
数年前には、当選が全て無効になり再抽選となったり、当選の方に落選が表示されるということも実際にありました。

当選確認は、確実に、正確に行いたいと思っています。
ご理解をいただきますようにお願いいたします。



 

H-1Bビザ申請(2018年度申請分)




 

2018年度の申請状況

また、今年も、H-1Bビザ申請が話題になる時期になりました。

2018年10月から、就労許可となる、H-1Bビザの申請が、2017年4月3日から始まります。この原稿を書いている日から、申請がはじまるので、まだ、どの程度の申請書が集まるのかわかりませんが、合計8万5千件の新規申請(2万件は、米国で修士以上を持つ外国人に発給)分を超えた場合には、4月7日で受付が終了し、抽選により、申請が進むかどうかが決められます。

毎年この時期のブログはH-1Bビザの話題を考えますが、今年も例年と同じように、ビザの抽選が行われていくことになりそうです。H-1Bビザとは、大学卒業程度の能力・経験を備えた外国人が専門職に就くためのビザで、近年ではIT関係者が多くを占め、約70%のビザ許可を受けた外国人はインド国籍です。日本人でも許可を受けることができます。

 

新政権発足と変更点

H-1Bビザの申請骨子については、例年と変わらないのですが、新政権になって、いくつか変化が見られていますので、この点を今回のブログでは確認していきたいと思います。

 

プレミアムプロセッシングの適用停止

まず、今年度の申請から、プレミアムプロセッシングがH-1Bビザ申請と同時に行うことができなくなりました。

プレミアムプロセッシングというのは、審査の期間的な優遇措置を受けるかわりに、料金を支払うという制度です。下品な言い方をすれば、金を払って、審査期間の短縮を買うという制度です。全体的に審査期間の短縮を図るのが常識だと思いますので、ある意味歪んだ制度ではあります。

このプレミアムプロセッシングの適用がH-1Bビザでは停止されました。プレミアムプロセッシングを併せて申請すると、元のH-1Bビザの申請も不受理となるので、申請をする方は注意が必要です。

このプレミアムプロセッシングの適用を停止するという行政の方針は、H-1Bビザの申請内容を、一部優先するのではなく、一つひとつ、厳しく吟味していこうという新政権の方針を表しているように感じます。

昨年は、50%以上の申請がプレミアムプロセッシングでした。金銭的な米国の歳入は減ることになります。

 

「アメリカ・ファースト」とビザ審査の厳格化

H-1Bビザは専門職の外国人に与えられます。現政権は、「アメリカ・ファースト」を政策に掲げていますので、H-1Bビザの審査を厳格にしていくことは間違いありません

私がこの原稿を書いている今日、2017年4月3日に移民局は、新たなH-1Bビザ審査に関する指針について、発表しています。その記事のタイトルも「Putting American Workers First」としていて、現政権の考えを明らかにしています。そして、H-1Bビザの濫用について、厳しく取り締まるということを明らかにしています。

 

H-1Bビザの濫用の現実ー不当労働ー

前提として、H-1Bビザが濫用されていると言われる事例がいくつか、今までにもニュースになっています。

たとえば、賃金の安い地域にある会社を利用して、安い賃金でH-1Bビザを申請し、外国人を雇い入れる。そして、その外国人を主に、シリコンバレーなどのIT関係の会社で働かせ、賃金の操作をしているという事例がありました。

要は、不当に安い賃金で外国人を働かせて、米国人の仕事を奪うことにH-1Bビザが利用されているという内容だったのです。

 

スポンサー企業の実態調査

そこで、今年度から、スポンサーとなる会社に実態があるのか、そして、外国人はその会社でちゃんと働いているのか、などを実際に移民局の捜査官を派遣して確認を取るということを厳しく行っていくという発表をしています。
特に、H-1Bビザを多くスポンサーしている会社にはフォーカスを当てていくということを明言しています。

この方針は、特にH-1Bの発給を受けている外国人をターゲットにしているわけではなく、H-1Bビザを濫用している会社をターゲットにしています。
すなわち、安い賃金でH-1Bビザを持つ外国人を雇うことで、アメリカ人の雇用を奪っている、という立て付けで、会社に対して制裁を加え、米国人の雇用を増やそうということが目的なのです。

また、このようなH-1Bビザの濫用をしていると思われる会社の密告を受けつけて、大いに利用しようと考えていると思われます。

とにかく、H-1Bビザをスポンサーすることを考えている企業においても、立ち入り調査が入ったときの対策をきちんと専門家と話し合って行った方が良いと思います。

また次回新しいトピックを考えていきたいと思います。




 

DV2019米国抽選永住権

グリーンカードDV2018抽選プログラム、応募は締め切られました。
応募に間に合わなかった皆様、DV2018がダメでも、次回も絶対応募すると決めていらっしゃる方、早速DV2019の受付を行っております。

Diversity Visa Programは、アメリカ政府による公式の移民プログラムです。
世界中の方々が抽選でアメリカの永住権(グリーンカード)を取得できる制度です!
年に1回の実施がなされており、応募期間は約1ヶ月。
すべてオンラインでの手続きとなります。当選後の手続きはすべて英文のガイド、フォーム作成となります。

【 DV-2019のお申込み受付中 】

【 重要なお知らせ 】  悪質な「DV当選」「DV応募」詐欺にご注意ください!
  << 「ちょっと変だな?」と思ったら、まずは事務局までご一報を! >>

MomsUSAの運営弁護士については、こちらからどうぞ。

DV-2018プログラムの申請期間
開始: 2016年10月4日(米国東部夏時間)
終了: 2016年11月7日(米国東部標準時間)
当選発表: 2017年5月2日より

*DV-2019抽選応募の日程は、2017年9月ごろ発表になります。 

申請資格要件
申請資格要件は大きく2つあります。

[1]抽選プログラムの対象国で生まれていること

日本で生まれた方は対象となります。ご不安がある方は、ご自身の戸籍をご確認ください。「出生地」の記載がございます。
日本で生まれていない方でも、配偶者が日本を含む対象国で生まれている方、ご両親が対象国で出生されている方は、配偶者やご両親の資 格により申請が可能な場合があります。

【DV-2018 抽選プログラム非対象国】
以下の国でお生まれの方には、原則的に単独での申請資格が認められていません。ただし例外があります。
バングラデシュ・ブラジル・カナダ・中国(本土生まれ)・コロンビア・ドミニカ共和国・エルサルバドル・ハイチ・インド・ジャマイカ・メキシコ・ナイジェリア・パキスタン・ペルー・フィリピン・韓国・イギリス(北アイルランド以外)とその属領地域・ベトナム
<例外>香港・マカオ・台湾で出生された方は申請資格が認められます

 

[2]高等学校を修了していること

日本の小・中・高等学校の12年の教育課程を修了された方は、学歴の要件をみたします。
通信制高校等は認められません。もしくは、一定の職業経験により学歴にかえて要件をみたす場合があります。

※申請資格についてご不安がある場合には、事務局までお問い合わせください。i@jinken.com
※本データは、以下の米国国務省ページに基づいています。
https://travel.state.gov/content/dam/visas/Diversity-Visa/DV-Instructions-Translations/DV-2018%20Instructions/DV-2018%20Instructions%20English.pdf

Momsにおける代行申請受付期間
開始: こちらより受付中です。
終了: 10月31日23:59(日本時間)

 

Momsにおける写真の受付期間
開始: DV-2019用写真は7月1日から受付
終了: 11月2日23:59(日本時間)

*ご注意* お客様の都合による写真未提出により申請ができなかった場合、一切返金致しません。
申請には、配偶者様とお子様(21歳未満)のお写真も必要です(ただし、米国籍/永住権保持者を除く)。お写真がご用意できない方は、お申込みをなさらないでください。
*DV-2019応募に間に合わなかった場合には、DV-2020へのお申し込みとして受け付けいたします。
*お写真の送付方法は、すべて事務局へのデータ送信で完了します。郵送の必要はございません。

 

【 ご注意 】
お申込み後の自動送信メールが、迷惑メールに分類されることがあります。
お申込みされた後には、迷惑メールボックスの確認をよろしくお願いいたします。

重要な注意事項等のお知らせが入る場合があります。


正式には「Diversity Immigrant Visa Program (移民多様化ビザプログラム)」と言います。抽選と言っても、アメリカ国務省が行う正式なプログラムです。世界中から多様な人々を受け入れようというコンセプトで、国家プロジェクトとして行われています。

抽選によりアメリカの永住権(グリーンカード)が付与されるため、Greencard Lottery(グリーンカードロッタリー)あるいは日本では永住権宝くじなどとも呼ばれています。当選者はコンピューターによる無作為抽選で決められます。

通常永住権を取得するには、膨大な費用と時間をかけなければなりません。また誰でも取得できるわけではなく、かなり条件も厳しくなっています。しかし、この抽選永住権は、上記の通り、主な条件が「高卒以上であること」ぐらいで、日本人にとってはかなり低い条件となっています。

ですから、アメリカで自由に住みたい、学びたい、子育てしたい!と思っている方には、これ以上のチャンスはありません。

米国永住権を取得して、あんしん子育て@USA

【 重要なお知らせ 】  悪質な「DV当選」「DV応募」詐欺にご注意ください!
DV応募は、ご自身で行う場合には申込費用がかかりません。
<< 「ちょっと変だな?」と思ったら、まずは事務局までご一報を! >>

 

【 グリーンカードDV2018抽選結果 】
2016年10月応募のDV2018。当選発表は2017年5月2日(米東部夏時間)から行われました。

弊社代行申請をご利用の皆様には、当選確認後に、5月8日中(日本時間)に、全てのお客様お一人お一人にメールを差し上げました。メールボックスの確認をお願いいたいします。
追加当選など、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

抽選結果の確認方法はこちらから

 

DVは申請時の正確さ、そして何といっても当選した後の手続きが決め手!弊社ご利用者様のすべての皆様が、実際に永住権を取得されていらっしゃいます。

DV-2019でも、弁護士以下スタッフ一同で、皆さまの本気にお応えします。

すぐに渡米が難しい方の再入国許可証取得(有料)・免許証の取得サポート・永住者の義務となる確定申告のご案内など、トータルサポートを行っています。

 

【 DV-2019のお申込み受付中 】

Moms申請代行申込〆切: 2017年10月31日23:59(日本時間)
Moms申請写真受付〆切: 2017年11月2日23:59(日本時間)

MomsUSAの運営弁護士については、こちらからどうぞ。dventry

お客様登録がまだの方は、こちらからどうぞ。

【米国国務省にけるDVプログラムの申請期間(DV2018)】
申請受付開始: 2016年10月4日(米国東部夏時間)
申請受付終了: 2016年11月7日(米国東部標準時間)
当選発表  : 2017年5月2日より
*Moms(JINKEN.COM)ご利用者様には、当選結果を個別に連絡いたします。
*DV2019のスケジュールは、2017年9月ごろの発表の予定です。

 

【 DVアメリカ抽選永住権代行申請 ご利用料金 
DV2017申請代行料金

[ すでにメンバー登録がお済みのお客様 ]
昨年までのデータをご利用いただけます。
お客様ページよりログイン後、DV代行申請サービスのお申し込みができます。

[ まだメンバー登録がお済みでないお客様 ]
新規メンバー登録をされた後、お客様ページよりお申し込みができます。

 


【 ご当選者の皆さまへ!おめでとうございます! 

当選した後の手続き、全面サポートいたします。
DV2017当選後サポート専用
*Moms(JINKEN.COM)のスタンダードサービスをご利用の方は、当選後の手続きのサポート費用は不要です(お子様の人数による追加分を除く)。

当選結果の確認はご自身でも行うことができます。当選確認方法はこちらから。

DV2018win-letter

【 DV2017ご当選者のみなさまへ 】
面接日時の設定をお待ちの方は、ぜひ一度、ご自身のE-DV Websiteをご確認ください。
思いがけず早いタイミングで、面接日時が設定されている場合があります!
詳しくはこちらから。

 

残念ながらご当選にもれた皆さまには、DV-2019のお申込みをお待ちしています。
ご優待にあたるかどうかもご確認の上、どうぞご利用ください!


アメリカ抽選永住権(Diversity Visa)をご存知ですか?

DVアメリカ抽選永住権に応募されたことはありますか?

ご自分で応募するだけでなく、手軽に申請代行サービスも利用できるのですよ。
当所はDV代行申請のパイオニア。
おかげさまで、開設以来、多くの当選者を出し、永住者として米国に迎え入れてきました。

「弁護士は黒子でいい」と言い切る、現役のカリフォルニア州弁護士が直営。
◆運営弁護士についてはこちらから。◆
当選後のグリーンカード取得までの手続きも、親身にサポートしています。

抽選永住権の代行サービスで、Moms(JINKEN.COM)をおすすめする理由はシンプル。
↓↓↓ ご自身でも応募できる方たちが、弊社を利用される理由、分かります。 ↓↓↓DV2018応募・グリーンカードエントリー