カリフォルニア州」タグアーカイブ

子どもの監護と養育費[1]-1071

法律ノート 第1071回 弁護士 鈴木淳司
August 21, 2017




 

夏休みも佳境ですね。今年の夏は、カリフォルニア州でもかなり大規模な火事が相次ぎました。さらに異常な暑さも続きました。乾燥しているのは、まだ暑さ対策をし易いのですが、冬に大雨になった反動なのかカピカピに乾燥しきっています。日本でも、梅雨のような天気になったり異常な暑さになったりと、夏バテの方も多いと思います。気候が変だと思うのは私だけではないと思うのですが、政治家はそう考えない人もアメリカではいるようですね。
皆さんはこの夏をどのようにお過ごしでしたか。

 

子どもの監護と養育費[1]-1071

 

さて、今回から皆さんからいただいている質問に新たにお答えしていきたいと思います。今回いただいている質問をまとめると以下のようになります。

「日本在住のシングルマザーです。アメリカで結婚、出産しました。夫とアメリカで離婚し、子供を日本(関西圏)で育てています。夫はアメリカと日本を行き来し、夏休みの間は子供と時間を過ごすという取決めでしたが、夫の仕事の都合もあって、それもできずに、再度、子供の監護について揉めています。揉めている一つの理由として、今まで養育費を夫はまったく支払っていません。私は日本にいるのですが、このような場合に養育費の請求をまずできないものでしょうか。私は、私の父母に頼って肩身が狭い思いをしながら、子供を育てています。」という内容になります。

かなり具体的な質問でしたが、できれば離婚を認めた裁判所(アメリカですが)での対応を至急考えた方が良いと思います。

今回は養育費の取決め遵守について考えていきたいと思います。

 

シングルマザーの現実

まず、今回の事例のように離婚が成立し、子供も母親方に基本的には引き取られ、監護権は父母が行使をするというような場合、子供の面倒を見るための費用は稼いでいる方が支払うことになるのが一般的です。

今回質問されている方のようにシングルマザーになると、子供の世話もあり、かなり生活を維持することが難しくなるのが現実です。

今回質問されている方も、日本でパートを2つ掛け持ちで行いながら、親の手を借りて子供を育てている様子が伺われるのですが、自分も無理をしていらっしゃることは明らかですし、その歪が子供さんにも影響している様子がわかります。

自分が一度は好きになって子供まで産んだのですから、自分はがんばらなければならないという気持ちは良くわかるのですが、子供にしてみたら単なる迷惑かもしれません。やはり、子供ができるだけ良い環境で育ってもらうためには、親の問題は親の間だけにしておくべきかもしれませんね。

 

養育費ー子どもにとって最良の方法は何か

基本的に養育費というのは、カリフォルニア州では、両親の収入や財産を勘案して決められます
多く稼いで、多く財産を持っている方から支払われるべきであるということが基本で、ある程度「相場」というのは決まっています。

もちろん、両親にも、山もあり谷もあるわけですから、それに応じて支払いの変更も裁判所に申し立てることができますが、離婚の際に決まった養育費の支払いは、裁判所の変更が認められるまで続ける必要があります。

子供のことを考えたら、そうするのが子供の利益になるという法律の判断です。

 

カリフォルニア州の養育費ー泣き寝入りしない方法

そうすると、今回質問されている方のように、すでにカリフォルニア州の裁判所で養育費の取決めがなされているのに、養育費を受けられていない場合には、まず、今まで生じている養育費の支払いについて請求をしたいと思うのは当然です。

ところが、すでに今回の質問をされている方は日本にいます。そうすると、どのように養育費を請求すればよいのかわかりません。夫が自発的に養育費を支払わなければ、何らかの法的な請求をしなければならないことになります。

このような場合、日本に在住していると日本の弁護士に相談しなければならなくなりますが、日本の弁護士であれば、泣き寝入りするか、日本で裁判を提起して、判決を取って、その判決をなんとかアメリカで執行していかなければならない、といったアドバイスをすることになるかもしれません。

しかし、少なくともカリフォルニア州ですでに決まっている養育費の取決めにおいては、そのようなことをする必要はありません

ここから次回考えていきましょう。

 

アメリカの街では、もうハロウィンに向けて、仮装を売る店がオープンしています。夏が終わると、バタバタと年末に向けてイベントが目白押しですね。

一年経つのは早いですが、一日、一日大事にしながらまた一週間がんばっていきましょうね。




 

カリフォルニア州、2017年の新法律





法律ノート 第1040回 弁護士 鈴木淳司
January 10, 2017

遅れせばながら、あけましておめでとうございます。読者の皆さん、2107年も法律ノートを宜しくお願いいたします。
皆さんの年末年始はいかがでしょうか、リフレッシュ、反省、仕切り直しなど、色々な気持ちもあったとおもいますが、2017年ははじまりました。健康に気をつけながらまた一年、過ごしていきたいですね。皆さんも、とにかく健康だけは注意されてください。

「カリフォルニア州、2017年の新たな法律」

さて、年初でありますが、皆さんからの質問にお答えするのを横滑りさせていただき、カリフォルニア州で年初に発効した注意すべき法律について考えていきたいと思います。他州の方も、このようなトレンドになっているということで、確認されてみてください。結構、日本にいる法曹の方にも好評なので、今年も考えてみます。
法律ができては消え、のアメリカですが、カリフォルニア州だけでも、2017年1月1日発効の法律も、800以上あります。些細な内容もありますが、私の好みで、いくつか読者の皆さんも覚えておいた方が良い法律を取り上げてみましょう。

お酒に関する法律ーヘアサロンでも提供OK

まず、私の好きなお酒についての法律についてです。「お酒」というと、「あー、また規制されるのか」というトレンドですが、違います。
いわゆる美容室やヘアーサロンですが、販売するのではなく「無料で提供する」ということが条件ですが、お酒を振る舞うことを、午後10時までは許すという法律が発効しました。

ヘアーサロンといっても、近時かなり色々な種類の業態がでてきていますので、そのなかでお酒をだしてもいいじゃないか、というロビー活動があったと思います。私自身は髪の毛を切ることにあまり盛り上がりませんが、もちろん重要な方も多いと思うのです。とにかく、お酒の提供が緩くなったということです。酒と泪と男と女、ではなく酒とパーマとカットとブロー、という曲も「あり」になりました。

最低賃金が10ドルアップ

次にカリフォルニア州の最低賃金が2017年1月1日より上がりました。26人以上、被用者がいる職場では、最低賃金はもともとの10ドルよりも増えて、10ドル50セントになりました。この法律は、チェーン店や、小売業に影響するので、どのような業態がどのように影響するのか個々に専門家の意見は聞くべきポイントだとは思います。

運転中のスマホ操作

第3のポイントですが、車を運転中に、スマホをどのように操作するのか、法律が制定されました。これは、かなり摘発が活発化する可能性がある分野なので気をつける必要があります。

1月1日発効の法律では、スマホのように情報を表示する機器については、ダッシュボード等に固定されている必要がある、ということになりました。また、操作については、機器が固定されていることを条件に、指で単純に動かせる程度でなければいけないことになり、例えばポケモンGOなどのゲームを禁じるとともに、UBERなどのサービス業にも配慮した法律を制定しました。

とにかく、スマホを握りながら操作するのは、許さない、という内容です。警察はどうも、このようなスマホ操作の摘発を2017年は加速させるようですので、気をつけるべきポイントだと思います。

2歳未満の幼児には後方向きのチャイルドシート

それから、車関連では、2歳未満の幼児には、後方向きのシートが義務付けられました。

また、オートバイの走行について、すり抜け走行は、危険だという批判がありましたが、基本的には、問題はないという結論になりました。ただ、安全教習を義務付けることができるという立て付けにはなっていますので、少々厳しくなっていくかもしれません。

トイレは性別を排除して提供

飲食業や、サービス業に影響するかもしれませんが、3月1日より、カリフォルニア州では、一人が使う前提のトイレに関しては、性別を排除して提供しなければならなくなりました。一人しか入れないトイレは男女共用にすれば良いというだけですね。

以上が、主観も入りましたが、2017年の新しい法律です。あまり大きな法律の改正はありませんでしたが、不要なトラブルに巻き込まれないように覚えておきたいところです。次回から、みなさんから頂いている質問をまた、みなさんと一緒に考えて行きましょう。

 

2017年も法律ノートを宜しくお願いいたします。
読者のみなさんにとって、素晴らしい年でありますように、心から祈っております。法律ノートの応援もお願いしますね。
また、来週まで一週間がんばっていきましょう。