アメリカ永住権」タグアーカイブ

米国永住権者と結婚。配偶者の永住権は?[2]

法律ノート 第1067回 弁護士 鈴木淳司
July 24, 2017




 

友人や縁ある方から勧められた「決意なき開戦」(堀田江理著)、大沼保昭や和田春樹著の慰安婦問題に関する本を読み、国際社会における日本のこの80年間程度の歩みを学んでいます。こういった近代史を読み解いていくと、色々な想いが湧いてきます。日本という国は、多様な政治思想がぶつかりあい、普通の人々がそれに巻き込まれてきたという切なさを感じています。一方で、いつの時代でも慈愛の心を持ち平和を願うバランスのとれた優れた思想を持った日本人が存在していることに感心しています。本は頭の肥やしですね。

 

米国永住権者と結婚。配偶者の永住権は?[2]

さて、前回から考えてきた「私(男性)は米国永住権を持っている日本人ですが、日本から留学してきている彼女ができました。そこで、結婚をすることによって、彼女にも永住権を取ってあげられたらよいな、と思っています。永住権の申請はどの程度時間がかかり、どのような手続きをすれば良いのか教えてください」という質問について、続けて考えたいと思います。

 

配偶者永住権と「待ち時間」

前回は、配偶者の永住権申請をする際に、待ち時間が現在数年発生しているというところまで考えました。この「待ち時間」について今回考えます。

配偶者が今回質問されている方のように、外国籍(日本国籍)を持ち、ビザでアメリカに入国している場合、基本的に婚姻をしたからといってすぐに合法的にアメリカに滞在できるわけではありません。

 

別に米国の滞在資格が必要

永住権の許可がおりるまで、何らかの合法的な滞在資格(一般的には非移民型のビザ)を維持する必要があります。もちろん、日本に一旦戻り、永住権の申請を待つことはできます。米国に滞在し、永住権の申請を待つ場合には、米国に滞在する合法的な資格が必要となるのです。

今回の事例ですと、この「待ち時間」の間に、これから永住権を申請する配偶者が学生ビザを継続して維持していれば問題がありません。他にも就労ビザなどの維持をしていれば問題がないことになります。

 

具体的な事例

ここで、最近目にした事例をご紹介しておきたいと思います。

Aさんは、配偶者である永住権保持者のBさんのスポンサーで永住権を申請することになりました。永住権申請書を無事に提出し、「待ち時間」となりました。Aさんは、この「待ち時間」の間に、米国内で就労し、金銭を得ていました。ほそぼそとした自営業者です。税務申告を近年までしていませんでしたが、永住権申請が近づいてきたこともあり、税務申告を遡って行いました。

ところが、永住権の申請が終わって、やっと面接にこぎつけたときに、面接官から、税務申告について指摘を受けました。すなわち、永住権の申請の審査に、移民局は税務申告についても調査をしていることになります。

申請は却下とはなりませんでしたが、許可を得るためには、遡って申告をしたことにより発生した過去の税金を支払わなければ、永住権は認められない、という条件を付けられました。もちろん一括で税金を払え、ということではなく、国税局と分割の合意ができているということでも構わないという話にはなっていました。

 

税務申告と移民法上の審査

家族ベースの永住権申請については、税金の支払いうんぬんを聞くことは、完全な裁量になっていましたが、この事例では税務申告を許可の条件にされてしまったということになります。近時、移民関係の審査が厳しくなってきたので、このような事例がでてきているのでしょうが、これから永住権の申請をされる外国人の方は気をつけなければならないポイントです。

永住権申請の「待ち時間」において、学生ビザを維持しているだけであれば、税務申告のうんぬん、という問題は発生しないと思われます。しかし、一方で、何らかの収入を米国内で得ている申請者は、税務申告をする場合、ちゃんと税金も納めていることが許可の前提になります。

 

データベースが関連付けは密に

かなり政府内のデータベースが連動している時代になっていますから、移民関係の申請について、移民関係の書類の整備だけではなく、税金など他の政府関係の申請者の義務についても、しっかり書類を整備することが求められているということに注意してください。

 

 

次回からまた新しくいただいている質問を考えていきたいと思います。暑い日が続きますが、健康に留意して水分を多く取りながらまた一週間がんばっていきましょうね。




 

米国永住権者と結婚。配偶者の永住権は?[1]

法律ノート 第1066回 弁護士 鈴木淳司
July 20, 2017




今週末、飛行機のなかで、たぶん「エアーマーシャル(航空保安官)」と呼ばれる人を現認しました。同時多発テロ事件以降、アメリカに所属する飛行機には、マーシャルが隠密に乗っていると聞いていました。飛行機が着陸し、降機する前に荷物を取り出しますよね。通路を挟んで反対側に座っていた人が荷物を取り出すために背伸びしたとき、腰のシグ・ザウエルの自動拳銃が見えました。ごく普通の服装をしていた彼は、考えると機内で酒を飲んでいませんでしたね。こういう人がいるので、飛行機テロの牽制になるのでしょうね。でも、隣に座っているのは何かあったときにちょっとコワイなと思ってしまいました。

 

米国永住権者と結婚。永住権は取得できるか

 

さて今回から皆さんから新しくいただいている質問を考えていきたいと思います。

いただいている質問は「私(男性)は米国永住権を持っている日本人ですが、日本から留学してきている彼女ができました。そこで、結婚をすることによって、彼女にも永住権を取ってあげられたらよいな、と思っています。永住権の申請はどの程度時間がかかり、どのような手続きをすれば良いのか教えてください」というものです。

 

配偶者永住権の申請

移民関連の法律や行政規則については、随時、別途「現役移民弁護士ブログ(じんけんニュース)」というところで取り上げていますので、そちらに質問をしていただくほうが良いのですが、今回の質問に関して、最近移民局が目を付けて聞いてきているポイントがあるので、そのポイントを中心にしながら皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

今回、永住権保持者の配偶者永住権申請というパターンについて生じる問題について考えていきたいと思います。

 

永住権は永住の「許可」。権利ではない

今回質問されている方は永住権をお持ちです。一般的に永住権というのは、米国に永住をすることができる許可をもらっている外国人に給付されるもので、正確には権利ではなく、永住の「許可」であります。

ですので、運転免許証(ライセンス)と同じように、国や(州から)永住する、とか、運転するとか、一定の行為を「許可」されているだけなのです。

だれが永住「権」という言葉を使いだしたかわかりませんが、ニュアンス的には「権利」ではなく、永住する「許可」が与えられているだけ、ということになるのです。なぜこのようなお話をするかというと、人によっては「永住する権利を持っているのだから」なぜ、配偶者もすぐに永住できないのだ、と安易に考える方もいるからです。

 

市民権との違い

アメリカ市民権は、国民としての「権利」ということになり、永住許可とはかなり色合いが違います。市民権は、国民の「権利」ということで間違いありません。

誰にも奪われない権利ですし、政府でも「許可」ではないので、取消しや制限をすることが基本的にはできません。

市民権と永住許可というのは、たしかに、「米国に住むことができる」という面ではかなり性質は似ていますが、実際の法律的な権利についてはかなり違う面があります。永住権保持者というのは、結局、外国のパスポートを持っているのです。

 

申請処理は市民権保持者を優先

市民権と永住許可というのは、法律的には違う性質があり、市民権保持者をまず優先するというのは、国として当たり前なわけです。そうすると、移民法でも米国市民権を持っている人の申請を優先することになります。

米国の移民局は「優先順位」を行政規則で決めていて、第一順位は、米国市民の配偶者、第二順位は、米国市民の近親者、そのあとに、はじめて永住権の配偶者申請ができることになっています。

優先順位というのは、順位が高ければ優先的に処理されるということです。現在で第三順位は、申請の処理がはじまるまで、約2年待つことになっています。

この「待つ期間」について少し考えておきたいことがあります。

 

 

ここから次回続けて考えていきたいと思います。

 

夏休みを取られている方もいらっしゃると思いますが、今年はかなり熱中症にやられているという人の話を聞きます。陽に当たるのは気持ち良いですが、疲れますし、さらに病気になっては困りますので、水分を取り注意しながらまた一週間がんばっていきましょうね。




DV2019米国抽選永住権

グリーンカードDV2018抽選プログラム、応募は締め切られました。
応募に間に合わなかった皆様、DV2018がダメでも、次回も絶対応募すると決めていらっしゃる方、早速DV2019の受付を行っております。

Diversity Visa Programは、アメリカ政府による公式の移民プログラムです。
世界中の方々が抽選でアメリカの永住権(グリーンカード)を取得できる制度です!
年に1回の実施がなされており、応募期間は約1ヶ月。
すべてオンラインでの手続きとなります。当選後の手続きはすべて英文のガイド、フォーム作成となります。

【 DV-2019のお申込み受付中 】

【 重要なお知らせ 】  悪質な「DV当選」「DV応募」詐欺にご注意ください!
  << 「ちょっと変だな?」と思ったら、まずは事務局までご一報を! >>

MomsUSAの運営弁護士については、こちらからどうぞ。

DV-2018プログラムの申請期間
開始: 2016年10月4日(米国東部夏時間)
終了: 2016年11月7日(米国東部標準時間)
当選発表: 2017年5月2日より

*DV-2019抽選応募の日程は、2017年9月ごろ発表になります。 

申請資格要件
申請資格要件は大きく2つあります。

[1]抽選プログラムの対象国で生まれていること

日本で生まれた方は対象となります。ご不安がある方は、ご自身の戸籍をご確認ください。「出生地」の記載がございます。
日本で生まれていない方でも、配偶者が日本を含む対象国で生まれている方、ご両親が対象国で出生されている方は、配偶者やご両親の資 格により申請が可能な場合があります。

【DV-2018 抽選プログラム非対象国】
以下の国でお生まれの方には、原則的に単独での申請資格が認められていません。ただし例外があります。
バングラデシュ・ブラジル・カナダ・中国(本土生まれ)・コロンビア・ドミニカ共和国・エルサルバドル・ハイチ・インド・ジャマイカ・メキシコ・ナイジェリア・パキスタン・ペルー・フィリピン・韓国・イギリス(北アイルランド以外)とその属領地域・ベトナム
<例外>香港・マカオ・台湾で出生された方は申請資格が認められます

 

[2]高等学校を修了していること

日本の小・中・高等学校の12年の教育課程を修了された方は、学歴の要件をみたします。
通信制高校等は認められません。もしくは、一定の職業経験により学歴にかえて要件をみたす場合があります。

※申請資格についてご不安がある場合には、事務局までお問い合わせください。i@jinken.com
※本データは、以下の米国国務省ページに基づいています。
https://travel.state.gov/content/dam/visas/Diversity-Visa/DV-Instructions-Translations/DV-2018%20Instructions/DV-2018%20Instructions%20English.pdf

Momsにおける代行申請受付期間
開始: こちらより受付中です。
終了: 10月31日23:59(日本時間)

 

Momsにおける写真の受付期間
開始: DV-2019用写真は7月1日から受付
終了: 11月2日23:59(日本時間)

*ご注意* お客様の都合による写真未提出により申請ができなかった場合、一切返金致しません。
申請には、配偶者様とお子様(21歳未満)のお写真も必要です(ただし、米国籍/永住権保持者を除く)。お写真がご用意できない方は、お申込みをなさらないでください。
*DV-2019応募に間に合わなかった場合には、DV-2020へのお申し込みとして受け付けいたします。
*お写真の送付方法は、すべて事務局へのデータ送信で完了します。郵送の必要はございません。

 

【 ご注意 】
お申込み後の自動送信メールが、迷惑メールに分類されることがあります。
お申込みされた後には、迷惑メールボックスの確認をよろしくお願いいたします。

重要な注意事項等のお知らせが入る場合があります。


正式には「Diversity Immigrant Visa Program (移民多様化ビザプログラム)」と言います。抽選と言っても、アメリカ国務省が行う正式なプログラムです。世界中から多様な人々を受け入れようというコンセプトで、国家プロジェクトとして行われています。

抽選によりアメリカの永住権(グリーンカード)が付与されるため、Greencard Lottery(グリーンカードロッタリー)あるいは日本では永住権宝くじなどとも呼ばれています。当選者はコンピューターによる無作為抽選で決められます。

通常永住権を取得するには、膨大な費用と時間をかけなければなりません。また誰でも取得できるわけではなく、かなり条件も厳しくなっています。しかし、この抽選永住権は、上記の通り、主な条件が「高卒以上であること」ぐらいで、日本人にとってはかなり低い条件となっています。

ですから、アメリカで自由に住みたい、学びたい、子育てしたい!と思っている方には、これ以上のチャンスはありません。

米国永住権を取得して、あんしん子育て@USA

【 重要なお知らせ 】  悪質な「DV当選」「DV応募」詐欺にご注意ください!
DV応募は、ご自身で行う場合には申込費用がかかりません。
<< 「ちょっと変だな?」と思ったら、まずは事務局までご一報を! >>

 

【 グリーンカードDV2018抽選結果 】
2016年10月応募のDV2018。当選発表は2017年5月2日(米東部夏時間)から行われました。

弊社代行申請をご利用の皆様には、当選確認後に、5月8日中(日本時間)に、全てのお客様お一人お一人にメールを差し上げました。メールボックスの確認をお願いいたいします。
追加当選など、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

抽選結果の確認方法はこちらから

 

DVは申請時の正確さ、そして何といっても当選した後の手続きが決め手!弊社ご利用者様のすべての皆様が、実際に永住権を取得されていらっしゃいます。

DV-2019でも、弁護士以下スタッフ一同で、皆さまの本気にお応えします。

すぐに渡米が難しい方の再入国許可証取得(有料)・免許証の取得サポート・永住者の義務となる確定申告のご案内など、トータルサポートを行っています。

 

【 DV-2019のお申込み受付中 】

Moms申請代行申込〆切: 2017年10月31日23:59(日本時間)
Moms申請写真受付〆切: 2017年11月2日23:59(日本時間)

MomsUSAの運営弁護士については、こちらからどうぞ。dventry

お客様登録がまだの方は、こちらからどうぞ。

【米国国務省にけるDVプログラムの申請期間(DV2018)】
申請受付開始: 2016年10月4日(米国東部夏時間)
申請受付終了: 2016年11月7日(米国東部標準時間)
当選発表  : 2017年5月2日より
*Moms(JINKEN.COM)ご利用者様には、当選結果を個別に連絡いたします。
*DV2019のスケジュールは、2017年9月ごろの発表の予定です。

 

【 DVアメリカ抽選永住権代行申請 ご利用料金 
DV2017申請代行料金

[ すでにメンバー登録がお済みのお客様 ]
昨年までのデータをご利用いただけます。
お客様ページよりログイン後、DV代行申請サービスのお申し込みができます。

[ まだメンバー登録がお済みでないお客様 ]
新規メンバー登録をされた後、お客様ページよりお申し込みができます。

 


【 ご当選者の皆さまへ!おめでとうございます! 

当選した後の手続き、全面サポートいたします。
DV2017当選後サポート専用
*Moms(JINKEN.COM)のスタンダードサービスをご利用の方は、当選後の手続きのサポート費用は不要です(お子様の人数による追加分を除く)。

当選結果の確認はご自身でも行うことができます。当選確認方法はこちらから。

DV2018win-letter

【 DV2017ご当選者のみなさまへ 】
面接日時の設定をお待ちの方は、ぜひ一度、ご自身のE-DV Websiteをご確認ください。
思いがけず早いタイミングで、面接日時が設定されている場合があります!
詳しくはこちらから。

 

残念ながらご当選にもれた皆さまには、DV-2019のお申込みをお待ちしています。
ご優待にあたるかどうかもご確認の上、どうぞご利用ください!


アメリカ抽選永住権(Diversity Visa)をご存知ですか?

DVアメリカ抽選永住権に応募されたことはありますか?

ご自分で応募するだけでなく、手軽に申請代行サービスも利用できるのですよ。
当所はDV代行申請のパイオニア。
おかげさまで、開設以来、多くの当選者を出し、永住者として米国に迎え入れてきました。

「弁護士は黒子でいい」と言い切る、現役のカリフォルニア州弁護士が直営。
◆運営弁護士についてはこちらから。◆
当選後のグリーンカード取得までの手続きも、親身にサポートしています。

抽選永住権の代行サービスで、Moms(JINKEN.COM)をおすすめする理由はシンプル。
↓↓↓ ご自身でも応募できる方たちが、弊社を利用される理由、分かります。 ↓↓↓DV2018応募・グリーンカードエントリー