H-1Bビザの新規申請


March 29, 2007




 
Hビザの新規申請はご存じの方も多いと思いますが、8万5千件(従来の6万5千件およびアメリカの大学院卒業程度の外国人の枠2万件)の制限枠が設けられており、今年の10月1日から発効するHビザの枠に対する申請の受理開始がこの4月1日から開始されます。今年は数日でこの枠が埋まってしまうのではないかと言われていますので、4月1日(正確には月曜日である4月2日)に申請書類一式が到着することが望ましいと思われます。申請を予定されている方々は、以下のいくつかの点について最終的に確認しておいてください。

今年の重要な変更点に、送付先の住所の変更が挙げられます。
すなわち、バーモントとカリフォルニア州へ書類を送ることになっているのですが、今年から新規申請分の送付先が変更されました。従来の住所に送付をすると、受理されませんので、必ず移民局のサイトなどで、送付先を確認しておいてください。
法律事務所も見落としている可能性があるポイントですので、もし弁護士に委任をしているのであれば、必ず送付前に確認を促すと良いでしょう。

申請にかかる費用ですが、小切手の振出先はthe Department of Homeland Security or U. S. Citizenship and Immigration Servicesになっていなくてはなりませんし、振出日は6ヶ月以内でなくてはいけません。
また、金額についても確実に、必要な費用全額をカバーするだけの小切手でなくてはいけません。

必要な費用は
①申請料190ドル、
②雇用主が払うACWIA費(雇用主によって750ドルか1500ドルと異なるので注意。また、雇用主が支払わなければならない点にも注意)、
そして
③詐欺等防止協力費が500ドル必要となります。
さらに、プレミアム・プロセッシングを利用する場合は1000ドル必要となります。
できれば、一つ一つの費用を別々のチェックで用意するのが望ましいです。

プレミアム・プロセッシングを利用されることを予定している場合、必ずフォームは2006年8月28日に改訂されたフォームを利用してください。それ以前のバージョンのフォームを利用することはできませんし、受理されません。

それからHビザなど非移民ビザによく使われるI-129のフォームなどに記入漏れがあると、受理不受理が移民局の裁量となってしまい、申請書が送り返されてしまう可能性がありますので、その点十分注意して申請書類を完成させてください。

それではHビザ申請を考えられている皆さんの申請がうまくいくように心から願っています。また次回新しいトピックを考えていきましょう。


■ アメリカに合法滞在するにはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。

Momsでは、アメリカ抽選永住権の代行申請を通年受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!働く・学ぶ・子育てする…永住権はすべてができます。
http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから

■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。
メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから

■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。
メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

カテゴリー: 国際弁護士なブログ | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。