非移民ビザ許可申請書の申請先変更


March 14, 2007


アメリカに長く住んでいて違和感があるのがホワイトデーです。そもそもバレンタインデーは、アメリカでは男性が女性に花をあげたりするのが普通ですよね。さらにホワイトデーにも何かあげなくていけないとなると、2月14日にアメリカに居て、3月14日に日本にいたら、男性側からばかりがあげなくてはいけなくなりそうですね。日本から広まって、台湾や韓国でもホワイトデーがあるそうですが、韓国ではさらにイエローデーまであるということも聞きましたが、本当なんですかね。皆さんは、ホワイトデーをどうお過ごしになるのでしょうか。

さて、今回は非移民ビザの許可申請書(I-129)とアメリカにおける在留資格の変更(I-539)について、少々変更点がありましたので、皆さんの注意を喚起する意味で取り上げたいと思います。

まず、変更点に入るまえに、I-129という許可申請書とI-539という在留資格の変更許可申請書について簡単に考えておきたいと思います。
いろいろな非移民ビザがありますが、ほとんどの非移民ビザ、たとえば、就労ビザなどではI-129が申請に必要となります。

一旦なんらかの非移民ビザの許可を得て、アメリカに在留中に非移民ビザの資格の種類を変更する申請をするときに使うのが、I-539ということになります。このようにI-129とI-539は様々な非移民ビザについてまわりますので、非移民ビザには欠かせないフォームと言ってよいでしょうね。

さて、これらの許可申請に関し、今回移民局(USCIS)に対しての申請場所に変更が生じました。今回の変更後、新しい申請方法を移民局はダイレクト・ファイリング(Direct Filing)と呼ぶことにしました。
ダイレクト・ファイリングというのは、各申請者が、許可申請を実際に審査する移民局の部署に申請書を送付することを義務づけるものです。

送付先は、就労ビザの種類、およびアメリカ国内での申請者の住所(雇用主の場合と、申請者本人の場合が考えられる)によって分類された、移民局のサービス・センターとなります。以前は、一つの集配所に送られていましたが、その一カ所に申請書を集めるシステムをやめて、申請を受理・審査する部署が管轄することとしたのです。
まあ、送付先が変わったというだけの話なのですが、これからちゃんと送付先をチェックしてから送付しないと、受理が遅滞したり、審査に入る前の段階で時間がかかってしまう可能性がありますので注意が必要です。

2007年4月2日より、すべてのI-129とI-539については、カリフォルニア・サービス・センターもしくはバーモント・サービス・センターにおいてさらに分類された送り先に送付をする必要がでてきました。どこに送るかというと移民局のサイトにチャートが用意されていますので、それを参照することになりますが、重要な申請については、充分に注意をしてから送付してください。

なお、就労ビザに関してプレミアム・プロセッシングを使用する場合も、I-129に附帯する申請と考えられていますので、I-907というプレミアム・プロセッシングに使う書類の送付先についても、今回一緒に変更されたと考えてください。

移行期間として、古い送付先に送られてきた申請書は4月の16日までは、受理するということになりますが、16日をすぎて送付先に到達した許可申請書は申請に不備があったということで受理してもらえず、返送されてしまいます。ですので、送付先についてはくれぐれも気をつけてください。
次回また新しいトピックを考えていきましょうね。それではまた次回までさようなら。


■ アメリカに合法滞在するにはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。

Momsでは、アメリカ抽選永住権の代行申請を通年受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!働く・学ぶ・子育てする…永住権はすべてができます。
http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから

■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。
メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから

■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。
メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

カテゴリー: 国際弁護士なブログ | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。