移民局ウェブサイトの一新


November 20, 2006




 
季節的なものかもしれませんが、今回のじんけんニュースでは、あまり皆さんにとって有用なめぼしいニュースが見つかりませんでした。そこで、最近アメリカ移民局(U.S. Citizenship and Immigration Services(USCIS))がウェブサイトを一新しましたので、そのニュースをお伝えしたいと思います。

もう皆さんの中でもwww.uscis.govをよく利用されている方も少なくないと思いますが、アメリカ移民局は一般からの意見を取り入れて、移民法に関するポータルサイトとして内容を充実させました。できるだけ情報を一般の人達に理解してもらうことで、移民局の負担も軽くなるということも考えにあると思います。
現在、毎日13万件以上のアクセスがウェブサイトにあるそうで、いかに人々が移民関連の情報に注目しているか分かりますね。

移民局は、ポータルサイトを「ワンストップ」サービスと位置づけ、アメリカの移民法に関する法律、情報などを網羅していると発表しています。まあ、どこまで一般の人達が使いこなせるか、ということについては、まだ疑問が残りますが。ただ、申請に関する用紙などは、ダウンロードし易くなっていますし、一部の申請は電子申請ができるように改良されています。また、注目されるべきなのは、検索エンジンが充実していて、サイト内の情報をFAQページ内で簡単に探せるようになりました。

また、永住権保持者や、市民権者にのみフォーカスをおかず、外国からアメリカに来る人に対してできるだけ情報を提供しようという姿勢が鮮明になっています。これは歓迎するべきポイントだと思います。

今回のウェブサイトの一新で、今までのブックマークは使えなくなります。ですから、以前よく移民局のサイトをみていた方は、ブックマークの変更をする必要が出てくると思います。

申請についての基本的な情報、必要な申請書類、申請の要件等など、一般の人達に分かりやすい形で情報を載せることは非常に喜ばしいことです。皆さん一人一人が基本的な情報を得なければ、アメリカでの生活に不安が生じますからね。そういう意味では、有意義な進展だと思います。

今回は、ビザ等の情報が提供できませんでしたが、また次回新しいトピックを考えていきたいと思います。それではまた次回まで、さようなら。


■ アメリカに合法滞在するにはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。

Momsでは、アメリカ抽選永住権の代行申請を通年受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!働く・学ぶ・子育てする…永住権はすべてができます。
http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから

■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。
メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

カテゴリー: 国際弁護士なブログ | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。