プレミアム・プロセッシング枠拡大


October 06, 2006




 

最近は秋が深まってきましたが、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。私は法律関係の読書に明け暮れています。さて、米国移民法関連の話題ですが、今回はプレミアム・プロセッシング枠の拡大について、最近発表された内容について考えていきたいと思います。

アメリカ移民局(USCIS)の発表によると、永住権ベースの申請に関してプレミアム・プロセッシング枠を拡大することを決定し、9月25日から適用をはじめました。プレミアム・プロセッシングとは、申請に際して1000ドル余計に支払うと、15日以内に、その申請内容に関しての決定が受けられるいわば、ファーストクラスサービスのようなものです。私は何度も主張していますが、経済的な観点で差別をするのはあまり良くないことである、と思っています。

さて、今回拡大された申請はI-140という申請に関するものです。I-140は雇用者がおこなう申請であり、雇用ベースに基づくものです。外国人がI-485という書類に基づいて、永住権の申請をおこないますが、その申請と対になっておこなわれるのがこのI-140と考えて良いでしょう。I-140というのは基本的にひとつの書類ですが、そのなかにもサブ・カテゴリーが設定されています。今回、プレミアム・プロセッシングが適用されるサブカテゴリーにはEB-1、EB-2、EB-3となっています。EBというのはEmplyoment Basedの略ですので、就労ベースの永住権申請であることがわかります。EB-1というサブカテゴリーは、特出した教授または研究者に適用され、EB-2は国益が認められる高学歴の外国人で、優秀な能力を持っている者に適用されます。EB-3は、その他の労働者(2年以下の経験しか要求されない職種に従事する者)に適用されます(以前から一定のEB-3にはプレミアム・プロセッシングが適用されていましたが枠が拡大されたことにある)。

上記のサブカテゴリーをベースにしてI-140をファイリングする場合には、プレミアム・プロセッシングが適用されることになりますが、今までのプレミアム・プロセッシングと同じように1000ドルの追加申請料が発生します。移民局が受領してから15日以内に結果がでることになりますが、もし15日以内に結果がでない場合には、1000ドルを返却することになっています。また、プレミアム・プロセッシングを利用すると、特別な電話番号と電子メールアドレスがコミュニケーションで使用することができ、経過をチェックすることができます。

拡大されたプレミアム・プロセッシングの枠に関しては、移民局のサイト(http://www.uscis.gov/graphics/howdoi/prem_process.htm)で確認できますので、興味のある方はご覧下さい。

最近は、Hビザなどにかかわる新規の話題があまりでてきていないので、つまらない部分はありますけど、また次回新しいトピックを考えていきたいと思います。それではまた次回まで、さようなら。


 
■ アメリカに合法滞在するにはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。

Momsでは、アメリカ抽選永住権の代行申請を通年受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!働く・学ぶ・子育てする…永住権はすべてができます。
http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから
 
■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。
メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

カテゴリー: 国際弁護士なブログ | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。