H-1Bビザ新規申請枠受付終了-その後


June 21, 2006

サンフランシスコは雲一つない青空です。昼ご飯を食べたあと、外でぼっとしていると事務所に帰りたくなくなってしまいます。やはり良い天気というのは何にも変えようがないものですよね。

さて、H-1Bビザの新規申請受理数が、すでに上限に達してしまったというお話はじんけんニュースで前に取り上げました。2006年5月26日以降は、移民局は新規申請分のH-1Bビザを受理していません。5月に急激に受理数が増加した、という印象を受けましたが、原因はバーモントの移民局サービス・センターのコンピュータシステムにどうも問題があったらしいという話です。つまり、バーモントで受理したH-1Bビザがカウントされていなかったらしいのですね。そのおかげで、すでにバーモントで受理した分が5月になり一気に足されることになり、26日のXデーを迎えたということなのです。迷惑な話です。なかなか書類をそろえることができず、申請が間に合わなかった方々も少なくありません。
5月の発表受理数が急激増加したおかげでとんでもないことになりました。今後はバーモント・サービス・センターがH-1Bの受理、審査を一括して行うことになりそうですが、果たしてうまくいくのか現状から不安ですね。

さて、話はだんだん細かくなりますが、5月26日に受理した件数が、法律で決められている新規発行分6万5千件を越えている可能性があるので、どのように6万5千件以内に収めるのでしょうか。移民局の見解では、ランダムに抽選をするということにするようです。26日に受理されても、抽選の結果、90から100件の申請分に関しては不受理扱いになるということです。この不受理扱いになったケースについては、申請費用については申請者に送り返しますが、書類については、最終的な受理数をカウントすることを待って、決めるそうです。
つまり、最終的に承認されるケースが足りなくなれば、この抽選漏れのケースを受理する意向を示しています。その際には再度、申請費用を払う必要がでてきます。

5月26日に間に合わなかったケースについては、申請費用とともにすべての書類が送り返されることになりました。しかし、送り返される申請書類については、電子的に記録をしており、移民局はもし承認分が足りなければ、その送り返した申請者に対して再度申請書提出の通知をすることにしています。

以上がぎりぎりに申請されたH-1Bビザ申請書の扱いの詳細です。しかし、驚きの速さで埋まってしまったH-1Bビザですから、少々議会も数の増加や他の申請枠等活発に議論をして欲しいものです。外国人労働者が国のパワーの一つでもあるのがアメリカですからね。また、次回新しいトピックを考えていきたいと思います。

それではまた次回まで、さようなら。


 
■ アメリカに合法滞在するにはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。

Momsでは、アメリカ抽選永住権の代行申請を通年受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!働く・学ぶ・子育てする…永住権はすべてができます。
http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから
 
■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。
メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

カテゴリー: 国際弁護士なブログ | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。