プレミアムプロセッシング申請の拡大


June 05, 2006

このじんけんニュースをお読みになる方々で、H-1Bビザを今年新規申請される予定の方は残念でした。すでにアメリカ移民局は今年の受理分を不受理にすることで決定をしました。2007年度分、つまり、今年の10月から有効な分である案件はすべて埋まってしまうと移民局は考えているからです。残念ながらまた来年の4月を目処に申請案件を練り直してください。また、他のビザでの申請が考えられる方は、早急にEビザLビザなどの申請ができるかどうか、ご自身のことを担当する弁護士と話し合われることをお勧めします。

さて、今回の話題ですが、私が以前から批判を繰り返しているプレミアムプロセッシングの適用枠が拡大されたことに関する話題です。今回移民局が発表した適用枠の拡大は、永住権申請(雇用ベース)の第一段階であるI-140に関してと、非移民および移民のステータスの変更申請(I-539)、それに雇用ベースで非移民または資格無し状態から永住権にステータスを変更する申請書類(I-765)に及ぶことになりました。

まだ、移民局からオフィシャルなアナウンスはされていませんが、上記の申請にはプレミアムプロセッシングが適用されることになりました。プレミアムプロセッシングについてあまりご存じでいない方に簡単に説明しますと、通常の申請では数ヶ月、場合によっては一年ほどかかるプロセスを、追加料金を払うことによって数週間で結果を出すという仕組みです。追加料金は安くはなく、1000ドル以上と考えて頂ければ良いと思いますが、企業によっては多用しているところもありますし、結果が早くでるので、弁護士にとっても、案件を早く進められることから別に悪い仕組みではないと考えられています。もちろん私どもも多くの申請案件について、プレミアムプロセッシングを利用させていただいて、クライアントには満足頂いている制度なので、ぶつぶつ言える立場にないかもしれませんが、ビジネスだけの目的として弁護士をやっている訳ではないので、少々私の論理を簡単な言葉で説明して、皆さんにも考えていただきたいと思います。

私はクライアントのために仕事をしている訳ですし、ほとんどの弁護士がそのように事件をお金をもらって受任しているわけですから、受任した事件に対して早く結果を出せれば良いとおもっている訳です。
しかし、そのプロセスにつけ込んでアメリカ政府が特急料金を支払えばはやく案件を処理するという態度を取ってよいのか、私は常々疑問に思っています。一律に申請料金を値上げして、案件の処理を早めるというのであれば問題はないかもしれませんが、お金を持っている人、払える人に対しては申請を早め、他の人には著しく遅い処理時間を課している、というのは法律上問題があると思うのです。
外国人であろうとアメリカ人であろうと、アメリカという国は少なくともアメリカ国内にいる人々に対しては一律に「権利」としてデュープロセス(Due Process)があることを法律上認めています。デュープロセスというと難しい言葉なのですが、一人一人その人がどのような人であろうとも平等に、政府が行うプロセスは受けられるということを保障していると考えていただければ良いと思います。ここで、アメリカ国内にいる外国人に対して、このプレミアムプロセッシングは「いくら払うか」で取り扱いを変えているという事実がある訳です。

たしかに経済的な差別というのはある程度許されるということは、判例上も認められていますが、政府に対する申請に関して、「いくら払うか」ということで差別的な取り扱いをするということは、私はアメリカ憲法に合致しないプロセスだと思っています。こんなことを言う移民弁護士はほぼアメリカにはいないかもしれませんし、受け流していることかもしれません。
しかし、アメリカでがんばってやっていこうとする外国人を受け入れるのがアメリカであるはずです。そのことを阻むような法律上の取り扱いに関しては私は納得がいっていません。私だけが熱くなっても法律は変わりません。プレミアムプロセッシング案件で不合理に扱われた人が、訴訟を起こす決意をして私を訪れてくれるというシチュエーションを待つしかないと思っています。しかし、移民で成り立っているアメリカで、払うお金で差をつけるというのは嘆かわしい現実だと私は思っています。皆さんはどう思われますか?

また次回、新たなトピックを考えていきたいと思います。それではまた次回まで、さようなら。


 
■ アメリカに合法滞在するにはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。

Momsでは、アメリカ抽選永住権の代行申請を通年受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!働く・学ぶ・子育てする…永住権はすべてができます。
http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから
 
■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。
メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

カテゴリー: 国際弁護士なブログ | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。