移民手続き-申請費用値上げ


October 17, 2005




 

アメリカ下院は移民関連の申請費用の値上げについて可決しました。まだ法律にはなっていませんが、現在の動向を知っておいて頂きたいと思います。そこで今回のじんけんニュースはこのトピックを取り上げていきたいと思います。

まず、Lビザ(企業内移転ビザ)についてはドラスティックな値上げとなりますので、最初にご紹介します。上院に提出される時期ははっきり決まっていませんが、L-1ビザの申請に関して、申請費用が1500ドルになることが少なくとも下院では決定しました。 この値上げが適用されるのは、L-1 ビザ一括申請、L-1の初期申請、そしてL-1の第1次延長分です。この議案となっている値上げ分の増収については、特定のプログラム等に使われるわけではなく、国庫に帰属するということになります。政府の予算が足りないということを受けて、議会はビザ申請にしわ寄せを持ってくる形になります。私には信じられませんが、このようにビザによって申請費用を大幅に変えることがアメリカにとってメリットになるのか、不明です。この議案の動向は注目していきたいですね。

次に、現在の申請費用の値上げについて、移民局は2005年10月26日から新しい費用チャートを適用していきます。平均10ドルの値上げとなります。 
この値上げはインフレに対応するという理由に基づきます。前回の値上げは2004年の4月でした。そのときにはセキュリティー上の理由ということを言っていました。詳細の値上げについては2005年の10月1日に公表されました。この値上げ分を含めて、移民局に支払われる費用は移民局の運営に使われています。この点につき、移民局は390万件あった遅滞した申請案件を、最近では110万件に減らした、ということを強調しています。まあ、移民申請のために本当に使われるのであれば、それは良いことかもしれませんね。

今回はお金の話でしたが、また次回新しいトピックを考えていきたいと思います。
それでは次回までさようなら。


 
■ アメリカに合法滞在するにはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。

Momsでは、アメリカ抽選永住権の代行申請を通年受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!働く・学ぶ・子育てする…永住権はすべてができます。
http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから
 
■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。
メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

カテゴリー: 国際弁護士なブログ | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。