ワールドワイド・ビジネス・ビザ・センター-国務省発表より


July 31, 2005




 

2005年7月15日の発表で、国務省はワールドワイド・ビジネス・ビザ・センターをオープンするということを発表しました。日本人や企業には直接関わりがないかもしれませんが、アメリカの企業が外国人を雇用する場合に利用できる施設です。ビジネス・ビザ・センターはアメリカ企業が外国人をB-1ビザで呼びたいときに、サポートしてくれる役目を担います。他のビジネスビザはいまのところ扱いません。外国人がビザスタンプを取得するには自国のアメリカ大使館、または領事館でパスポートと申請書類、さらにアメリカの企業からの招待レター(Invitation Letter)などが通常必要になります。このプロセスのなかで、アメリカの企業から、申請者が書類をアメリカの企業から得て、さらに大使館・領事館に提出するというのが今までのパターンでしたが、ビジネス・ビザ・セン
ターは、アメリカ企業と大使館・領事館のコミュニケーションをつなぐ役目も行っていくことになりました。

B-1ビザは、ビジネスのために使うには、アメリカ国内での雇用には使えませんが、たとえば、アメリカ国内で行われるコンベンション(展示会)や会議に出席する場合や、契約を交渉するといった場合には主に使われています。短期のビザですが、重要な役割を担っていますので、今回センターがつくられたようです。ビジネスビザセンターの連絡先は、 BusinessVisa@state.govで、電話番号は (202) 663-3198です。

また、センターはアメリカ企業向けに、様々なセミナーを開き、外国人をアメリカに招くためのステップなどを説明する役割を担います。セミナーは国務省のイントラネット上で行われます。イベントについては、上記連絡先から情報を得ることができます。

なぜ、このようなセンターができたのか、というとたぶんアメリカが中国との関係を強化していくことを念頭に置いているのだと思います。現在、Bビザに関しては日本人は必要なく、ビザ・ウェーバープログラムを使えばアメリカに入国できます。しかし、中国のパスポートであると、どうしても、Bビザを取らなければ、アメリカに入国できませんから、今回のセンターの設立につながっていったのだと考えられます。

さほど、日本企業や日本人には影響がないニュースかもしれませんが、今アメリカは中国に関心が向いているということは、知っておくべき事柄ではないでしょうか。それではまた次回、また新しいトピックを考えていきましょう。


 
■ アメリカに合法滞在するにはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。

Momsでは、アメリカ抽選永住権の代行申請を通年受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!働く・学ぶ・子育てする…永住権はすべてができます。
http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから
 
■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。
メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

カテゴリー: 国際弁護士なブログ | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。