Hビザ情報とビザ申請遅延


june 26, 2005




 

最近の情報で、2006年度分のH-1ビザ(2005年10月発効分)の申請状況について、移民局から発表がありました。この経過についてまず考えておきましょう。2005年度分のHビザは非常に早い時期に発給上限数(6万5千件の新規発行数)に達してしまいましたので、2006年度も非常に不安に思われている方が多いのが実際ですし、様々な憶測が出ていました。

実際のところ、予測されていたよりも遅いペースで申請書が届いているようで、発給上限数にまだまだ達していないということが移民局から正式に発表されました。ただ、今年の10月頃までには、枠が一杯になるであろうと考えられています。ですので、現時点ではHビザの枠には余裕があるので、申請を考えられている方々は、発給の上限を気にする必要はありません。ただし、申請を行うには時間の余裕をみなくてはなりませんから、申請を考えているのであれば、できるだけはやくアクションを起こしてくださいね。

次に、申請書類の審査遅滞について、移民局からの発表を考えておきたいと思います。2004年の一月には、雇用許可、永住権、市民権等の審査で380万件程度のケースが遅滞していました。2004年9月にはその遅滞が150万件に減ったと移民局は議会に報告しています。2006年度までには、すべてのケースにおいて、全ての移民局のオフィスで6ヶ月以下の審査時間にするという目標をかかげていますが、そういう意味では進歩があるようです。これからの移民関係の申請に関して「時間がかかる」ということでのストレスは減っていくかもしれませんね。

ではまた、次回新しいトピックを考えていきましょう。


 
■ アメリカに合法滞在するにはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。

Momsでは、アメリカ抽選永住権の代行申請を通年受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!働く・学ぶ・子育てする…永住権はすべてができます。
http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから
 
■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。
メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

カテゴリー: 国際弁護士なブログ | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。