H-1Bビザ(専門職)新規創設枠-アップデート


May 29, 2005




 
アメリカ移民局(USCIS)は新しく創設されたH-1Bビザの枠について、やっと発表をおこないました。
5月24日付けの政府公報によるものですが、情報は5月20日現在ということです。以下、考えていきましょう。

アメリカ移民局の発表によると2005年度分の新規H-1Bビザ枠について、すでに6393件の申請を受理したということです。移民局の定義で2005年度というと、2004年の10月1日から2005年の9月30日の枠を指します。 

2005年5月5日に議会での新法の制定を受けて、2005年度分から新たに2万件の新規H-1Bビザ枠を移民局が設け、実際に使い始めました。この新規枠の適用は2005年度分ということでしたので、すでにH-1Bの通常枠が一杯になってしまっている2005年度では注目の新規増加枠と考えられていました。

この新たに制定された2万件の枠は発給の対象になる外国人に制限があるのが特徴です。すなわち、この2万件の枠に該当するためには、申請者である外国人が修士以上の学位をアメリカ国内にある学校から受けていなくてはいけないということです。アメリカの大学や大学院は世界中から学生を集めることでは世界でも一番うまい国ですから、今回の大学院卒業枠は、更にアメリカの大学で学ぼうと考えている外国人を後押しするのではないでしょうか。

移民局が受理をはじめてから、1ヶ月も経ちませんが、すでに6300件以上の申請が確認されていますので、今年の9月30日までの枠は13000件程度しか用意されていないことになります。とすると、とにかくこの枠を使って申請を考えている外国人の方々はすぐにでもアクションを起こした方が良いということになります。

アメリカの大学院を出た専門職としては、建築家、エンジニア、コンピュータプログラマー、会計士、医師、教授、などを移民局では発給の対象の主なものとしているようです。

2005年度分については通常枠が一杯で、なんとかアメリカに滞在し続けようとされている外国人の方々は涙を呑んでいましたが、限定付きではありますが、このような新規枠ができたのですから、大いに利用していただきたいと思っています。

それではまた次回までさようなら。それまでに有用なトピックを探しておきますね。


 
■ アメリカに合法滞在するにはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。

Momsでは、アメリカ抽選永住権の代行申請を通年受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!働く・学ぶ・子育てする…永住権はすべてができます。
http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから
 
■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。
メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

カテゴリー: 国際弁護士なブログ | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。