機械読み取り式パスポートの運用


December 29, 2004




 

寒くなってきましたね。昼食を事務所のみんなで食べに行くときに、スープなどの温かいものを食べる傾向がはじまりました。これから年末に向けて冬支度ですね。布団からでるのは億劫になってきますが、私は寒い日の朝の空気が嫌いではありません。皆さん、風邪に注意されてください。

さて、機械読み取り式パスポートでなければアメリカに入国させないという制度を導入すると言われて久しいですが、2004年10月26日から、この制度の導入が本格化し、新たに簡単なルールが加えられました。もう、ほとんどの日本人の方々は機械読み取り式パスポートをお持ちだとは思いますが、一応念のために今回JINKEN.COMニュースでご紹介しておきます。

世界22カ国の不法滞在等が少ない国民にはアメリカに入国する際に、ビザを必要としない入国が認められています。日本もその国のひとつにあげられていますので、90日を限界として、日本人はアメリカに入国し、観光やビジネス目的(アメリカ国内で賃金を得ることは不可)で行動ができます。

このビザなし入国(Visa Waiver Program)を利用する場合には、機械読み取り式パスポートを持って入国することが義務づけられ、この法律は2004年10月26日から厳格に運用されることになりました。ところが、法律はつくっても、対象となる外国人が良く知っていなくては、問題が発生することは目に見えています。ですので、アメリカ移民局はワン・チャンス規定を設けました。つまり、10月26日以降でも、機械読み取り式パスポートを持っていないビザなし入国者に対しては、一回は入国を認め、その際に、機械読み取り式パスポートを次回から使うように注意書きが渡されます。さらにこの例外的な取り扱いで入国を
許されると、そのパスポートには、「例外によっての入国」といった内容が記されることになります。その後の入国の際には、機械読み取り式パスポートを使ってビザなしで入国するか、ちゃんとビザを取って入国をしなければならなくなるのです。

もうひとつの違いは、ビザなし入国をする場合には、家族といえども機械読み取り式パスポートを全員持たなくてはいけなくなったことです。以前は家族をパスポートに「併記」することができましたが、今後は各人が機械読み取り式パスポートを持つことが義務づけられます。

2005年の4月25日まではアメリカ移民局は機械読み取り式パスポートを持たない外国人でビザなし入国を試みようとしている人を乗せてきた航空会社等に罰則を科しませんが、それ以後は、航空会社等が罰を受ける可能性があるので、チェックインの際から、まずパスポートを確認されることになります。

アメリカ主導で振り回されている国もたくさんあるようですが、アメリカに入りたければ従ってほしいという見方なのでしょうね。皆さんもよくご自身のパスポートが機械読み取り式パスポートかどうか、確認してくださいね。それでは、また次回までさようなら。


 
■ アメリカに合法滞在するにはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。

Momsでは、アメリカ抽選永住権の代行申請を通年受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!働く・学ぶ・子育てする…永住権はすべてができます。
http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから
 
■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。
メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

カテゴリー: 国際弁護士なブログ | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。