アメリカ議会下院を通過した対移民法案について






 

大統領選挙が近くなってきました。アメリカにとっては非常に重要な選挙です。今後四年間の舵取りが誰になるのか、ニュース番組でもまず最初に取り上げていますね。移民の問題についても非常に注目されています。何度も私がJINKEN.COMニュースに書いたように、今アメリカは移民に対して非常に警戒をしており、不法滞在者だけではなく、合法滞在者にも影響するような方向に向かっています。今回もあまり明るい話題ではありません。

2004年10月8日に、アメリカの下院で282対134という圧倒的な票により、対移民法案が通過しました。上院で通過している法案とは内容が違いますので、今後上院と下院の間で調整がされることになります。まだ、法律にはなったわけではありませんが、アメリカの政治の世界では移民に対する風当たりは強くなるばかりです。特に共和党が押しているわけですが。
今回下院を通過した内容の主な点は、(1)強制送還適用の拡大(2)難民認定の要件の厳格化(3)アメリカ市民以外への運転免許証交付の制限(4)移民局の決定に対する連邦裁判所への救済申し立ての一部廃止(5)連邦裁判所への申し立て中のアメリカ国内滞在禁止(6)強制送還先の政府の安定・不安定を考慮することの廃止などです。
今回の法案に対しては、様々な人権団体やアメリカ移民法協会、それに各コミュニティーが大反対していましたが、悠々と通過してしまっているという現実が現在のアメリカ議会を反映していると思います。

まだ、両院の協議が行われ、最終的にどのような法案になるのかは決定されていませんが、大統領選がデッドヒートしている今、共和党はブッシュが大統領である間に法案を成立させてしまおうと躍起になっている感じが否めません。この法案に対しロバートケネディ議員(民主党)も非常に強い調子の反対論を主張し、公の文書としました。今回のJINKEN.COMニュースの末尾に英語のままですが、貼り付けておきますので、興味のある方はご覧ください。(あまりにも長文でスペースの関係上掲載できませんでしたので、一部割愛させていただいております)
とにかく、選挙の行方がアメリカに住んだり関係する外国人にも本当に影響するようになってきました。アメリカの行方を皆さんも見極めていってくださいね。それではまた次回までさようなら。

●ケネディ議員のステートメント●

Statement of Senator Edward Kennedy on the Immigration Provisions of H.R. 10

Cite as “Posted on AILA InfoNet at Doc. No. 04101261 (Oct. 12, 2004).”2.

STATEMENT OF SENATOR EDWARD M. KENNEDY “THE IMMIGRATION PROVISIONS OF H.R.10”

October 11, 2004

Mr. Kennedy. Mr. President. I have serious concerns about the direction our Republican colleagues in the House of Representatives have taken on the legislation to implement the recommendations of the 9/11 Commission.
The House bill, H.R.10, departs in significant and problematic ways from the Commission’s specifically-tailored recommendations to protect our country against future terrorist attacks. The recommendations call for preventing terrorist travel, establishing an effective screening system to protect our borders, transportation systems, and other vital facilities, expediting full implementation of a biometric entry-exit screening system, establishing global border security standards by working with trusted allies, and standardizing identity documents and birth certificates.

Instead of adhering to these carefully considered measures, as the Senate has done, the House Republican leadership has included long-rejected, anti-immigrant proposals that have nothing to do with the Commission’s recommendations. The House bill severely limits the rights of immigrants, asylum seekers, and victims of torture and fails to strengthen the security of our nation.

Among the worst provisions in the House bill are those which create insurmountable obstacles and burdens for asylum seekers, including many women and children, eliminate judicial review, including theconstitutional writ of habeas corpus, for certain immigration orders, and which allow the deportation of individuals to countries where they are likely to be tortured, in violation of our international treaty obligations.

Many share my concerns with the House bill. The list of critics, lead byfamilies of the 9/11 victims, is rapidly growing. A recent letter to House members, signed by more than two dozen family members of persons who died in the terrorist attacks, states that the immigration provisions are outside the scope of the Commission’s recommendations and urges House members not to enact them. To underscore their concerns, the families state their “strong collective position that legislation to implement the 9/11 Commission recommendations not be used in a politically divisive manner.”

Similarly, the chair of the 9/11 Commission, Thomas Kean, has said that the House immigration provisions “which are controversial and are not part of our recommendations to make the American people safer perhaps ought to be part of another bill at another time.” Likewise, the vice-chair, Lee Hamilton, warned that the inclusion of these “controversial provisions at this late hour can harm our shared purpose of getting a good bill to the President before the 108th Congress adjourns.”


 
■ アメリカに合法滞在するにはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。

Momsでは、アメリカ抽選永住権の代行申請を通年受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!働く・学ぶ・子育てする…永住権はすべてができます。
http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから
 
■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。
メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

カテゴリー: 国際弁護士なブログ | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。