2003年度H-1bビザ情報



最近手作りでうどんを打ってみましたが、なかなかのものでした。出汁やかえしもつくって、本格的な挑戦でした。もう少し熟練したら、次は蕎麦です。新潟の小千谷でごちそうになった蕎麦が忘れられません。蕎麦は次のステップとして取っておきたいですが、私にとっては壮大なプロジェクトになりそうです。みなさんも料理していますか。

さて、H-1bビザ(専門職ビザ)新規申請の許可枠が次年度からだいぶ狭まることになりました。H-1bビザ新規申請の年度は、毎年10月1日から翌年9月30日までとなっていますが、新規許可枠が、2003年度(2002年10月1日から2003年9月30日まで)の195000人から、次年度は、65000人に大幅に減少します。「いつごろまでに申請したら大丈夫なのか」「どういうタイミングで申請したらよいのか」と心配される方が出てきています。次年度は、今年度までに比べ、数の制限に悩まされる可能性が出てきました。

2001年度と2002年度のH-1bビザの新規申請許可に関する統計によると、2001年度は、164000人、2002年度は、79000人となっており、コンピュター関連の需要の大幅な落ち込みにより、新規申請数および許可数も大幅に減少する傾向にあります。現在、まだ米国の景気は、停滞気味なので、H-1b新規申請数が大幅に増加することはないかもしれません。

たとえば、新年度の新規申請数が2002年度並であるとすれば、年度の早い時期に、枠がいっぱいになってしまうことはないかもしれませんが2004年の夏ごろには、発行制限数に近づいているかもしれません。もし、景気についての見通しががよくなり、H-1bの専門職の需要が伸びてくれば、2004年の春の時点で、すでに発行制限数に近づくことも可能性としてはあるでしょう。
事実、5年ほど前ですが、年度中途(春頃)で枠がいっぱいになり、H-1bビザ新規申請中の外国人や雇用主である会社が非常に困った状況になったことがありました。H-1bビザを同じ会社を通し、更新するかたは、この枠とは関係がありませんが、学生のステータスから、H-1bのステータスに切替えようとする方が、この枠にかかってしまうと、米国に残るステータスを維持できなくなる恐れもでてきます。もちろんプラクティカル・トレーニングビザなどの期間がまだ残っている外国人はよいでしょうが、ステータスが宙に浮き、会社にも申請している外国人にも不利益となってしまう可能性があります。

それでは、なにかよい対策はあるのでしょうか。やはり、とにかく新年度のなるべく早い時期に申請書を出し、早めに許可を受けることに尽きます。申請者は、移民局のプレミアムプロセシング(受付してから15日以内に審査結果がでる審査方法)をできる限り利用し、許可を早めに受けることを心がける以外は、あまり良い方法がないと思われます。もちろん、米国議会が動き、H-1bの枠を年度途中からでも広げれば別ですが。この経済状況のもと、枠の拡大は、難しいように思えます。

なお、2003年10月1日から、移民局のH-1b申請手数料が、現在の1130ドルから、130ドルになります。プレミアム・プロセッシング(短期審査)料については、従来と変わらず、1000ドルの手数料になります。

それでは、次回まで、さようなら。


■ アメリカに合法滞在するにはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。

Momsでは、アメリカ抽選永住権の代行申請を通年受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!働く・学ぶ・子育てする…永住権はすべてができます。
http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから

■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。
メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

カテゴリー: 国際弁護士なブログ | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。