ビザスタンプ申請料金の値上げ






 

在日米国大使館で手続きをするビザスタンプ申請料金が値上がりします。

http://usembassy.state.gov/tokyo/wwwhvisafeeup1.html
2002年11月1日より、非移民査証申請料金が$100になります。

ニューヨーク、ワシントン、ペンシルベニアで発生した昨年9月11日のテロ事件以降米国へのビザ申請は全世界的に激減しました。この1年間の減少率は20%となり、今後もこの傾向が続くことが予測されます。しかしながら、9月11日以降強化されている保安上の要件のため、個々の申請に要する期間および手続きは増加し、非移民ビザ手続きに関する費用が増加しています。

現状ではそれら諸手続きに関する費用を賄うことが困難であるとの判断から、米国国務省は非移民ビザ申請料金を現在の$65から$100に値上げすることを決定しました。

注: 11月1日以降はビザ申請料金$100を支払わなければなりません。旧料金$65で振込んだ領収書が貼付されている申請は返却されますので、追加料金$35を支払ってください。ただし、10月31日までに振込を行った場合、申請料金は$65です。

それでは次号までさようなら。


 
■ アメリカに合法滞在するにはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。

Momsでは、アメリカ抽選永住権の代行申請を通年受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!働く・学ぶ・子育てする…永住権はすべてができます。
http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから
 
■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。
メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

カテゴリー: 米国抽選永住権(DV) | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。