Hビザ保持者の雇用主の変更






 

じんけんコムが立ち上がってから、すでに当サービスを利用されて、Hビザ申請にチャレンジされている方もたくさんいらっしゃいます。じんけんコムでは、移民法に関する話題で、弁護士に相談するにはちょっと・・・でも、どうしても知っておきたいといった皆さんの疑問・質問をメンバーの皆さんとシェアするためにじんけんコム掲示板を用意しています。内容的にも充実してきていますので、皆さんどんどん使われてください。掲示板の入り口は、じんけんコムトップページのメンバーズルームよりログインしたマイページにあります。無料ですので、お気軽にどうぞ。

さて、今回の話題ですが、H1Bビザに関して、2000年の10月に21st Century Act(AC21法)という法律が可決され、シチュエーションとしては、すでにH1Bビザをお持ちの方が、他の雇用主に就職を変更され、H1Bビザを再申請する場合、後者の再申請を行った後は、すぐに、新しい雇用主から給与を受け働き始められるということになりまし
た。この法律の内容についてはじんけんに記述がありますので、参照ください。

この雇用主の変更を「ポータビリティー条項(Portability)」と呼んでいますが、きちんと理解していないと大変なことになりますので、じんけんニュースで注意点を考えておきたいと思います。

まず、雇用主を変える場合には、もともとのビザはH1Bビザでなくてはなりません。つまり、EビザやLビザからH1Bビザに変更する場合にはこのポータビリティー条項は適用がありません。この点注意しないと、H1Bビザを申請した時点で給与を受けてしまうと、不法就労と見なされ、ロングランでは永住権の申請も拒否されかねません。

次に、もともとの雇用された内容とあまりにも違いがあると、H1Bビザを再申請した際に拒否される可能性が大きくなります。ですから、できれば同種の職業に就き、同内容の業務を行うことが移行をスムーズに行う大事なポイントです。

三点目ですが、このポータビリティー条項を使いたい場合には、過去に不法就労があってはいけません。不法就労が考慮されるのは、一番最後にアメリカに入国したときから判断されると考えられています。ですから、学生ビザの延長でプラクティカルトレーニングを受けている場合、このプラクティカルトレーニングビザが失効しても、給与を受け続けて
いたという場合には、このポータビリティー条項を使い、給与を受けると、再度不法就労と見なされる可能性があります。

四点目になりますが、もともとの雇用においてH1Bビザを受け、I-94をもらうわけですが、H1Bビザについては、I-94に確実に有効期限が書かれています。つまり、何年何月何日ということがはっきり示されています。これは学生ビザのD/S(Duration of Status)という曖昧な記述とは違います。新しい雇用主を見つけてH1Bビザを再申請するためには、この以前のI-94の有効期限内でなくてはいけません。最近では、この有効期限が切れてから六〇日以内は新たにH1Bビザの申請を許すべきだという立法の動きもありましたが、九月十一日の事件以来、進展はありませんので、あくまでも、以前のH1Bビザに基づくI-94の期限内に新申請書類を移民局に提出し、受理された証拠となるReceipt Noticeが交付されるようにしましょう。期間の余裕をもつことが大切ですね。

以上が、ポータビリティー条項の注意点です。H1Bビザの雇用主の変更は気をつけないと、違法な形で給与をもらうことになり、不法就労と見なされかねないので慎重に判断してください。
では次号まで、さようなら。


 
■ アメリカに合法滞在するにはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。

Momsでは、アメリカ抽選永住権の代行申請を通年受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!働く・学ぶ・子育てする…永住権はすべてができます。
http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから
 
■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

カテゴリー: 国際弁護士なブログ | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。