「反テロリスト」法






 

ブッシュ大統領はさる10月26日に反テロリスト法(USA PATRIOT Act)に署名し、法律として発効しました。移民法にも重大な影響がでることが考えられます。反テロリスト法案(H.R. 3162)は下院で357対66、そして上院では98対1という強力な支持を得て成・・靴泙靴拭・・w)w)以前から議論されていた法案よりもある程度緩やかな規制になりましたが、それでもアメリカに入国しようとする外国人、またアメリカに滞在をしている外国人に影響がでるのは必須です。

この法律の重要な点をいくつか考えましょう。まず、テロ行為というものが非常に緩やかに規定されています。ある意味、テロリズムの定義が拡大されたと考えてもよいわけです。現在この法律がストレートに適用された例がないですが、たとえば、テロとの連絡係りをしていたとみなされたり、テロとみなされる人間と交流がある場合もこの法律が適用される可能性があるのです。また、テロ組織とアメリカが認定している組織に関して、たとえどのような形にしろ、関われば、テロとみなされる危険性があります。アメリカに入国しようとする外国人に関しては、入国拒否とされる例が多くなるでしょうし、現に入国されている外国人に対しては、強制送還を許す範囲が拡大されました。また、テロと考えられる外国人に対しては、司法長官(Attorney General)は法律で定められた期間、拘束することもこの法律で許されることになりましたし、裁判所に対する嘆願も制限されることになりました。今回の法律で、外国人の手続的デュープロセスも制限される可能性があるのです。

アメリカ移民局、司法省、FBIなどは情報の交換や組織の強化に乗り出しています。たとえば、カナダとの国境を警備する国境警備隊の増強が図られ、2~3倍の数の警備隊員を配置する用意があるそうです。また、移民局、司法省、それにFBIは犯罪データベースを共有することを決め、指紋の照合などをスムーズに行うようにするようです。

このテロ法では、9月11日のテロによって亡くなった遺族・雇用主がいて、その影響で永住権の申請が中断してしまったような場合には、特別に永住権を与えるという措置もとられることが決まりました。また、9月11日のテロによって永住権その他の移民法上の申請が遅れた場合にも、申請の猶予期間が与えられるなどの特別措置が講じられました。
その他の特筆する点としては、マネーロンダリングをしていると疑われる外国人はアメリカの入国が禁止される条項が追加されました。

以上のように、外国人に対してアメリカ議会は非常に厳しい姿勢をとるようになりました。特に気をつけなくてはいけないのは学生ビザを取得しようとする外国人、また学生ビザをすでに持ち、就学している外国人です。なぜなら、今回のテロ参加者のなかには学生ビザをもちつつテロに従事していた者がいるからなのです。移民局は学生ビザで入国している外国人のモニターをさらに強化するためにシステムをアップデートしていますし、加えて、各国にあるアメリカ大使館・領事館に対してもビザの発給を厳しくするよう動いています。

今回の法案は9月11日のテロに反応して成立した法律です。アメリカ人の安全面を強調することは国益重視として納得ができるところですが、特にすでにアメリカに入国している外国人に関して言えば、手続的、また実体的デュープロセスが制限されることになります。ひいては憲法違反の問題がでてくる可能性があります。私はアメリカ移民法協会、アメリカ法廷弁護士協会を通じて、この新法の動きをモニターしていきたいと思っています。

それではまた次回まで。


 
■ アメリカに合法滞在するにはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。

Momsでは、アメリカ抽選永住権の代行申請を通年受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!働く・学ぶ・子育てする…永住権はすべてができます。
http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の声はこちらから
 
■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

カテゴリー: 国際弁護士なブログ | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。