キンダー初日を迎えるまで


 




 
こんにちは。今日はキンダーの初日を迎えるまでについて覚えている限り書いてみたいと思います。

まずキンダーが始まるまで、何を用意したらいいのかなどまったくわからず、学校に問い合わせしてみようかどうしようか、などと思っていたら学校が始まる2週間ほど前だったでしょうか、学校からEメールが送られてきて、そこに全学年の必要なものリストが書かれていました。キンダーは何も用意する必要はありませんでした。上の学年は文房具に加えティッシュなどいろいろと必要なものがあるようですが、これはあくまでもクラスでみんなでシェアして使うもの、という意味のようで「名前を書かないでください」と注意書きがありました。こんな感じです。Please do not label any items except for the backpack and lunchbox. つまり、毎日それぞれの生徒が持っていくリュックサックと弁当箱にだけは名前を書かないといけませんが、学校でほかに使うものはすべて学校にあって、みんなで使うので名前は必要ないのですね。日本と全然違いますよね。こういうアメリカでは常識?なことを知らなかった私には、何も用意するものがなく少し拍子抜けでした。普通日本だとあれこれ必要なものを準備して持ち物ひとつひとつに名前を書かないといけないと思いますが、あれは結構大変な作業ですよね。

クラス分けについてもEメールで連絡がありました。これで初めて担任の先生も誰かがわかりました。

このように、学校からの連絡は手紙ではなく、Eメールです。これは非常に助かります。Eメールだと携帯ですぐ確認できますし、紙の節約にもなりますよね。

キンダー初日の前日に、担任の先生との顔合わせと教室見学がありました。15分ほどでしたが、教室に行き先生と簡単な挨拶をして、教室のロッカー(すでに子どもたちの名前がありました。)やトイレの場所の確認などをしました。この時点で先生は子どもたちの名前に加え保護者の名前も把握していて、感心しました。

先生から、寝る前に読むように、ということで秘密の手紙をもらいました。詳しい内容は書けませんが、明日からの学校生活が素晴らしいものになるよ!というもので、とてもかわいらしいものでした。

次回はキンダーに入ってからのお話を書きたいと思います。

カテゴリー: アメリカ育児 | 投稿日: | 投稿者:

mys について

「アメリカで生活するって、実際どんな感じでしょう?」 DV申請からグリーンカード取得をお手伝いし続けているスタッフが、女性目線であれこれおしゃべりしています。一人旅の頃とは違って、家族が増えるにつれ視点がどんどん変わってくるわけで…よろしければ、飾り気のない自由なトークにお付き合いください。