Visa Bulletin/Case Number





Visa BulletinCase Numberについて】

Q. Case Number(ケースナンバー)は、どこで分かりますか?

A.  Entrant Status Check から ログインしてご確認できます。
DV当選通知ページに記載された、固有の「2015ASXXXXXXXX」という番号です。
「AS」はAsia地域の意味、それに続く8ケタの数字が ご自身の固有の番号となります。 DV応募(申請)完了時に発行されるConfirmation Number(コンファメーションナンバー)とは異なりますので、ご注意ください。
この番号は各当選者に割り当てられていて、配偶者やお子さんなど、派生当選者の方々と共有の番号となります。
アフリカ地域はAF、オセアニア地域はOC、ヨーロッパ地域はEUというように識別できます。

CN

Q. 面接に該当するCase Numberの推移はどこで確認できますか?公式のページは?

A. アメリカ国務省のVisa Bulletinで毎月10日前後に発表になります。
当月のケースナンバーに加えて、次月のケースナンバーも発表されます。 http://travel.state.gov/content/visas/english/law-and-policy/bulletin.html

Visa Bulletin

Q. Visa Bulletinは、どのように読んだらよいですか?

A. Visa Bulletinのでは、大文字で「A. B. C. D.」と大きな項目立てがあります。
そのうち、「DIVERSITY IMMIGRANT (DV) CATEGORY FOR THE MONTH OF XXXXXXX(月) 」をご覧ください。ページをスクロールして行くと、後半の方に掲載されています。

毎月のVisa Bulletinで発表されるのは、
(1)その月の面接該当ケースナンバー
(2)次の月の面接該当ケースナンバー
の2ヶ月分です。たとえば、2月のVisa Bulletinでは、2月と3月の該当ナンバーが分かります。

Visa Bulletin-Case Numper

Q. Visa Bulletinは、いつ更新されますか?

A. 毎月10日前後ですが、8日のときもあれば、15日頃になることもあります。更新がなされないということは考えにくいので、更新が遅くてもあまり心配なさる必要はありません。

Q. ケースナンバーの進み方は?

A. 数千番一度に進むこともございますが、数百・数十という場合もございます。 これは、日本だけでなく、アジア地域全体のDV当選者数や大使館での面接状況に影響を受けるためです。放棄者やビザ拒否等の影響も受けます。ですので、毎年進み方が異なります。

Q. 過去のDVや、アジア以外の地域に「Current」という文字が見えますが、何を意味しますか?

A. Currentになりますと、適切な時期に当選後の書類を提出されたほとんどの方に、面接の機会が与えられていることを意味します。ケースナンバーの大小にかかわらず、面接に進める可能性が非常に高くなります。ですが、残念ながらDS260の提出が遅かった場合、KCCでの審査に時間がかかるため、かならず面接通知が来るというわけではありません。

Q. アジア地域の過去のデータは?

A. 以下に掲げている通りですが、ケースナンバーの番号の振り方自体がその年ごとに変更されるため、あくまでもご参考としてお考えください。 また、過去 5 年間に 50,000 人以上の移民がいる国はDV対象国から外れるので、過去のケースナンバーの推移が必ずしも今年度に当てはまるわけではございません。

DV2018interview_November

▼「できれば自分で手続きを進めたい!!」そのお気持ち、よく分かります。
でも、グリーンカードは取った後の方が長いです。
面接[だけ]サポートも受付中。
https://jinken.com/win/